コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウドウツバメ ショウドウツバメ Riparia riparia; sand martin

3件 の用語解説(ショウドウツバメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショウドウツバメ
ショウドウツバメ
Riparia riparia; sand martin

スズメ目ツバメ科。全長 13cm。日本産のツバメ類のなかではいちばん小さい。背面は灰褐色,下面は白色で,胸に灰褐色の横帯がある。河岸などの砂層の崖に横穴を掘って営巣し,通常1ヵ所の崖に 20~30つがい以上が集ってコロニーをつくっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ショウドウツバメ

ツバメ科の鳥。ツバメより小さく翼長10cm。背面は暗褐色,腹面は白色。ユーラシア大陸および北米大陸に広く繁殖し冬は南へ渡る。日本では北海道で繁殖し,本州以南では旅鳥。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショウドウツバメ
しょうどうつばめ / 小洞燕
sand martinbank martin
[学]Riparia riparia

鳥綱スズメ目ツバメ科の鳥。同科ショウドウツバメ属3種中の1種。全長12.5センチメートル。ツバメ、イワツバメより小さい。背面、翼は灰褐色、下面は白色で、胸に灰褐色の帯がある。尾は、外側の羽がツバメ属の燕尾(えんび)ほど長くなく凹尾。ヨーロッパ、アジア、北アメリカに分布し、冬季はアフリカ中部、南アメリカ中部にも現れる。日本では北海道で砂層の崖(がけ)に集団で営巣するが、本州以南では旅鳥。晩夏に本州、九州の海岸、河岸などの広い湿原に群れをなして姿をみせる。飛翔(ひしょう)中の昆虫類を食べる。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショウドウツバメの関連キーワード雨燕燕雀類腰赤燕小洞燕燕鰶コシアカツバメ(腰赤燕)ツバメ(燕∥玄鳥)モグリウミツバメ(潜海燕)モリツバメ(森燕)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ショウドウツバメの関連情報