ショウドウツバメ(英語表記)Riparia riparia; sand martin

  • bank martin
  • しょうどうつばめ / 小洞燕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スズメ目ツバメ科全長 12~14cm。日本に生息するツバメ類の最小種。過眼線より上の頭部背面,尾羽は褐色,腹面は白色で,胸に褐色の横帯がある。ユーラシア大陸と北アメリカ温帯冷帯に広く繁殖分布する。繁殖を終えると,アフリカのサハラ砂漠の南部や中央アメリカ,南部を除く南アメリカミャンマーからインドネシア北部,フィリピンなどに渡って越冬する。湖や河川,海岸などの付近に生息し,湖畔河岸,海岸などの砂層のに長さ 20~100cmの横穴を掘って営する。集団繁殖し,1ヵ所の営巣場所には 10~2000つがいが集まる。日本では北海道で繁殖しているが,本州以南では渡りのときに通過する旅鳥(→渡り鳥)である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ツバメ科の鳥。ツバメより小さく翼長10cm。背面は暗褐色,腹面は白色。ユーラシア大陸および北米大陸に広く繁殖し冬は南へ渡る。日本では北海道で繁殖し,本州以南では旅鳥。川に沿った砂質の崖に穴を掘って巣とし,集団繁殖する。和名は小洞ツバメの。渡りの時には海岸や河口に多い。飛びながら昆虫を食う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥綱スズメ目ツバメ科の鳥。同科ショウドウツバメ属3種中の1種。全長12.5センチメートル。ツバメ、イワツバメより小さい。背面、翼は灰褐色、下面は白色で、胸に灰褐色の帯がある。尾は、外側の羽がツバメ属の燕尾(えんび)ほど長くなく凹尾。ヨーロッパ、アジア、北アメリカに分布し、冬季はアフリカ中部、南アメリカ中部にも現れる。日本では北海道で砂層の崖(がけ)に集団で営巣するが、本州以南では旅鳥。晩夏に本州、九州の海岸、河岸などの広い湿原に群れをなして姿をみせる。飛翔(ひしょう)中の昆虫類を食べる。

[坂根 干]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android