シリア(英語表記)Syria

翻訳|Syria

デジタル大辞泉の解説

シリア(Syria)

西アジア、地中海東岸の、現在のシリアレバノンイスラエルヨルダンなどにまたがる地域名。前312年シリア王国が成立、ローマの統治を経て、7世紀にはウマイヤ朝中心地となる。16世紀から第一次大戦まではオスマン帝国属領、1920年フランスの委任統治領となる。
西アジアの国。正称、シリア‐アラブ共和国。首都ダマスカス。国土の南部がシリア砂漠。1944年にフランス委任統治領から独立。1958年、エジプトと統合しアラブ連合共和国を形成したが、1961年離脱。人口2220万(2010)。スーリーヤー。
[補説]「叙利亜」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

シリア‐アラブ‐きょうわこく【シリアアラブ共和国】

(Syrian Arab Republic) 西アジアの共和国。地中海に面する。大部分は台地状のシリア砂漠からなり、住民の大部分はシリア系アラブ人で、イスラム教徒である。第一次世界大戦まではオスマン‐トルコ帝国領。大戦後フランスの委任統治領となり、一九四六年独立。五八年エジプトと合併してアラブ連合共和国を結成したが六一年離脱した。農業が主だが、石油・燐鉱石も産出。首都ダマスカス。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シリアの関連情報