コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジメチルアミン ジメチルアミンdimethylamine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジメチルアミン
dimethylamine

メチルアルコールとアンモニアから合成されるアンモニア臭のある気体。化学式 (CH3)2NH 。沸点7℃。水にきわめてよく溶け,強い塩基性を示す。水溶液として市販されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジメチルアミン【dimethylamine】

第二アミンの一つ。化学式(CH3)2NH。アンモニアに似た臭気をもつ無色,水溶性の気体。融点-93.0℃,沸点6.88℃。比重d40=0.6804。塩基解離指数pKb(25℃)=3.23。アルミナAl2O3やシリカSiO2などの脱水触媒存在下に,アンモニアとメチルアルコールとを300~500℃で反応させて合成する。 NH3+2CH3OH  ―→(CH3)2NH+2H2O医薬,農薬,合成樹脂,界面活性剤,ロケット燃料,触媒,溶剤などの原料として,用途はきわめて広い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジメチルアミン
じめちるあみん
dimethylamine

脂肪族アミンの一つ。アンモニアに似たにおいをもった気体。通常は水溶液として市販されている。水溶液は弱アルカリ性である。塩基性はアンモニアより強い。ニシンを漬けた塩水の成分として、トリメチルアミンとともに分離された。アンモニアとメタノール(メチルアルコール)、p(パラ)-ニトロソジメチルアニリンのアルカリ分解などで合成される。亜硝酸を作用させると、強い発癌(はつがん)作用をもった、N-ジメチルニトロソアミン(通称ニトロソアミン。DMNAと略記される)を生じる。
[務台 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジメチルアミンの関連キーワードジメチルアミン(データノート)ジメチルホルムアミドジメチルヒドラジンマンニヒ反応エチニル化2,4DMNAイミノ基

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジメチルアミンの関連情報