コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャッキ ジャッキ jack

翻訳|jack

6件 の用語解説(ジャッキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャッキ
ジャッキ
jack

重量物を押上げる装置。ねじ,ラック,油圧などを用いて力を増大する方式がとられる。 (1) ねじジャッキ ハンドル回転運動を傘歯車その他を介して上下の直線運動に変えて押上げる。軽量,可搬式なので用途が広い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ジャッキ(jack)

小さい力で重い物を垂直に持ち上げる機械装置。ねじ・歯車・油圧などを利用するもので、主に人力によって動かす。自動車修理や家屋の移転のときなどに使用する。扛重機(こうじゅうき)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジャッキ

重量物をささえたり上下させたりするための装置。上下運動をねじによって行うねじジャッキ,ラックによるラックジャッキ,油圧を利用する油圧ジャッキなどがある。建設工事,車両修理などに広く使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ジャッキ【jack】

重い物を押し上げるための道具。建設工事や車両類の修理作業などに広く用いられ,押上げ力は数tから数百t~数百t,押上げ高さは数十cmのものが多い。おねじを回してめねじまたはおねじ自身を上下させるねじジャッキ,つめの作用でラックを上下させるラックジャッキ,小径のプランジャーの往復動により発生させた油圧をシリンダーに供給してラムを上下させる油圧ジャッキなどがある。人力でラチェットレバーを往復揺動させることにより作動させるものが多いが,大能力の油圧ジャッキでは油圧発生源として電動や内燃機関駆動の油圧ポンプを利用する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ジャッキ【jack】

人力で操作し、重量物を持ち上げる器具。ねじ・歯車・水圧・油圧などを利用する。押し上げ万力。扛重機こうじゆうき

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャッキ
じゃっき
jack

重いものを垂直上方に持ち上げる機械装置。歯車、ねじ、油圧などを利用し、主として人力によって動かす。使用目的によっていろいろな形のものがある。
(1)ねじジャッキ ジャッキの本体に雌(め)ねじを切り、これに雄(お)ねじを切ったねじ棒を差し込み、これを回転し、ねじ棒の上下運動により重量物を上げ下げする。また、ジャッキ本体に雌ねじを切ったラム(プランジャー状の円筒)を入れ、これにねじ棒をかみ合わせ、傘(かさ)歯車を使ってこのねじ棒を回転しラムを上下させるものがある。揚程(ようてい)は10~30センチメートル程度で、20トンくらいのものまで持ち上げられる。
(2)ラックジャッキ いくつかの歯車を組み合わせ、最後の歯車にラック(棒に歯を刻んだもの)がかみ合っているものをいう。歯車を回転しラックを上下させて重量物を持ち上げる。機械の組立て、据え付けなどに用いられる。揚程30センチメートル程度、20トンくらいまでのものを持ち上げることができる。
(3)油圧ジャッキ ポンプにより圧力油をシリンダー内に送り込みラムを上下させるもので、比較的重いものを動かすのに用いられる。揚程は小さい。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のジャッキの言及

【アジ(鰺)】より

…アジ亜科はいわゆる〈ぜんご(ぜいご)〉と呼ばれる硬いとげのある稜鱗(楯鱗(じゆんりん)ともいう)が側線部に発達するのが特徴。英名でjack,scad,horse mackerelなどと呼ばれる仲間。ムロアジ,オニアジ,マアジ,メアジ,クボアジ,ヒシカイワリ,カイワリ(イラスト),イトヒキアジ(イラスト)の各属に属する40を超える種が日本近海に分布し,そのうちカイワリ属だけで30種を超える。…

【ジャケット】より

…ウエスト丈から腰丈までの上着の総称で,一般には前明きで袖つきの外衣をいう。男女,子どもに広く用いられ種類は非常に多い。起源は中世のイギリスで広く用いられた,皮革と金属を要所につけて防護性を強めたウエスト丈の上着のジャックjack(jaque),あるいは16世紀に着用された,袖なしで肩におおい(ウィングズwings)がつくジャーキンjerkinとされている。しかし今日的な意味と形態でのジャケットが成立するのは19世紀で,イギリスでラウンジ・ジャケットlounge jacket,アメリカでサック・コートsack coatと呼ばれる背広型の上着が完成してからのことである。…

【ジャック】より

…電気通信装置において回路の接続に用いる差込式接続部品のうち,差し込まれるほうをジャック,差し込むほうをプラグplugという。プラグを差し込むことにより,ジャック内部の板ばねに接触させて回路を閉じる。ふつう,ばねには洋銀,スリーブ受口(穴の壁面)には黄銅が用いられる。プラグの挿入によって電気接点を動かすものや,さらに単純な構造のものもある。【谷井 琢也】…

※「ジャッキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジャッキの関連キーワード車地押し上げる・押上げる括し上げる迫り上げる干し上げる・干上げる・乾し上げる捲し上げる押上げ押上げポンプたくし上げる召上げる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャッキの関連情報