コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャン・パウル Jean Paul

1件 の用語解説(ジャン・パウルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジャン・パウル【Jean Paul】

1763‐1825
ドイツの小説家。本名リヒターJohann Paul Friedrich Richter。バイエルン北部の小さな町ウンジーデルに生まれ,父(教師,のち牧師)の死後ライプチヒ大学で神学を学ぶが,貧窮のため学業の継続を断念,故郷近くにもどり家庭教師などをして生計を立てる。その間1783年に風刺的スケッチ集《グリーンランドの訴訟》を匿名で出版,作家を志す。以後,ほとんどが伝記的な形をとった長編小説を書くが,伝記的とはいえ,仮死,仮面,ドッペルゲンガー(もう一人の自分)といったモティーフが一貫してあらわれ,牧歌的な描写,こっけいなできごと,グロテスクな場面,幻想的な夢三昧などが交代し,それが語り手コメントによって頻繁に中断される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャン・パウルの関連キーワードビュート伯ニューフランスラルサ石上私淑言滑稽本ジャンパウル只野真葛只野真葛ジャンパウル西部開拓史

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone