コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リヒター リヒター Richter, Adrian Ludwig

21件 の用語解説(リヒターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リヒター
リヒター
Richter, Adrian Ludwig

[生]1803.9.28. ドレスデン
[没]1884.4.19. ドレスデン
ドイツの画家,版画家。ローマにおもむきナザレ派の画家と親交をもった。帰国後 1828~35年マイセン製陶所素描学校教師,36~77年ドレスデン美術学校教授。イタリア,ドイツのロマン主義的な風景画や,小市民の生活を情感をこめて描いたが,特に木版による,物語,童話,詩集などの挿絵を得意とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リヒター
リヒター
Richter, Burton

[生]1931.3.22. ニューヨーク
アメリカ物理学者。マサチューセッツ工科大学に学び,1956年学位取得。スタンフォード大学スタッフ (1956) ,教授 (67) となる。 74年 11月,同大学の線形加速器センターで 3095MeVの質量をもつ新素粒子 (ψ粒子) を発見。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リヒター
リヒター
Richter, Curt Paul

[生]1894.2.20. コロラドデンバー
[没]1988.12.21. メリーランド
アメリカの心理学者,生物学者。ジョンズ・ホプキンズ大学医学部教授。動物行動の生理的生化学的要因について広範な研究を行い,現代の生理心理学の発展に寄与。主著『医学と精神医学における生物時計』 Biological Clocks in Medicine and Psychiatry (1965) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リヒター
リヒター
Richter, Eugen

[生]1838.7.30. ジュッセルドルフ
[没]1906.3.10. ベルリン
ドイツの政治家。左派の自由主義者で,1867年北ドイツ連邦議会 (統一後は帝国議会) ,69年にはさらにプロシアの下院に列し,まもなくドイツ進歩党の領袖となった。 84年に進歩党がドイツ自由思想家党に吸収されると,その指導者となり,93年にその右派が自由思想家連合を結成して離脱するまで,大きな力をふるった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リヒター
リヒター
Richter, Franz Xaver

[生]1709.12.1. ホレシャウ
[没]1789.9.12. ストラスブール
ボヘミアの作曲家。 1740年ケンプテン司教座修道院副楽長,47年マンハイム宮廷楽団に入り,69年以降ストラスブール大聖堂の楽長をつとめた。 J.シュターミツや I.ホルツバウアーと並ぶマンハイム楽派初期の大家。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リヒター
リヒター
Richter, Hans

[生]1888.4.6. ベルリン
[没]1976.2.1. ロカルノ
ドイツ生れのアメリカの画家,映画制作者。 1916年チューリヒダダ運動に参加。やがて実験映画の制作を始め,1940年代に入るとナチスから逃れてアメリカに亡命。主要作品は絵画『秋』 (1917) ,実験映画『金で買える夢』 (44~47) ,『8×8』 (60) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リヒター
リヒター
Richter, Hans Werner

[生]1908.11.12. バルト海,ウーゼドム島
[没]1993.3.23. ミュンヘン
ドイツの小説家,評論家。第2次世界大戦直後,アンデルシュと協力して雑誌『叫び』 Der Rufを発刊,雑誌そのものは占領軍によって発禁となったが,引続きいわゆる「47年グループ」を創設,以後指導者として数多くの文学者を育成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リヒター
リヒター
Richter, Hieronymus Theodor

[生]1824.11.21. ドレスデン
[没]1898.9.25. フライベルク
ドイツの化学者。フライベルク鉱山学校冶金学教授 (1871) ,同校長 (75) 。 1863年,F.ライヒの助手として分光器を用いた吹管分析により,閃亜鉛鉱中にインジウムを発見,その抽出に成功した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リヒター
リヒター
Richter, Jeremias Benjamin

[生]1762.3.10. ヒルシュベルク
[没]1807.4.4. ベルリン
ドイツの化学者。故郷のギムナジウムを卒業後,プロシア軍工兵隊に入隊 (1778) 。のちケーニヒスベルグ大学に入学 (85) ,数学,哲学を学ぶ。シュレジエン地方の鉱山局に技師として勤務,1798年ベルリン磁気製造所に迎えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リヒター
リヒター
Richter, Karl

[生]1926.10.15. プラウエン
[没]1981.2.15. ミュンヘン
ドイツのチェンバロオルガン奏者,指揮者。代々教会のオルガン奏者をつとめる家に生れる。 1946年からライプチヒ音楽院で K.シュトラウベ,G.ラミーンらに師事。 49年聖トマス教会の,51年ミュンヘンの聖マルコ教会オルガニストとなり,またミュンヘン音楽大学でオルガンを教える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リヒター
リヒター
Richter, Charles Francis

[生]1900.4.26. オハイオハミルトン近郊
[没]1985.9.30. カリフォルニアパサディナ
アメリカの地震学者。スタンフォード大学物理学科を卒業後,1928年にカリフォルニア工科大学で学位取得。 37~70年同大学地震研究所教授。地震マグニチュードに関するスケールの1つ,リヒタースケール (震央から 100km離れた位置に置かれた特定の地震計が示す最大振幅をμm〈マイクロメートル〉単位で測った値の常用対数) を考案 (1935年) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リヒター(Karl Richter)

[1926~1981]ドイツの指揮者・オルガン奏者。ミュンヘン‐バッハ合唱団・管弦楽団を組織して世界的水準に育成し、バッハの演奏でひとつの典型を示した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リヒター

ドイツ・ロマン主義の画家。ドレスデン生れ。ナザレ派に加わり,1823年―1826年イタリアに滞在。帰国後は木版によって童話集や民話集に素朴で親しみやすい挿絵を描き,その第一人者となった。

リヒター

米国の物理学者。スタンフォード線形加速研究所員。陽電子と電子の消滅過程を研究,1974年リヒターらはチャームクォーククォーク)とその反粒子からなる新粒子を発見し,Ψ(プサイ)粒子と名づけた。

リヒター

ジャン・パウル

リヒター

ドイツの画家。旧東ドイツ,ワルタースドルフ生れ。ありふれたスナップ写真マス・メディアで流通する写真映像をもとに,写実的な手法で視覚的リアリズムを追求した作品と,絵具の物質感で画面を構成する純粋に抽象的な作品との二つの傾向を展開する。

リヒター

ドイツの指揮者。19世紀後半を代表する演奏家の一人。ラープ(現ハンガリー北西部ジェール)で高名な音楽家を両親に生まれ,ウィーン音楽院に学ぶ。歌劇場のホルン奏者を務めたのち,1868年−1869年ビューローのもとでミュンヘン歌劇場の指揮者として経験を積む。
→関連項目ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団エルガー

リヒター

ドイツの指揮者,オルガン奏者,ハープシコード奏者。ザクセン地方のプラウエンでオルガン奏者の家系に生まれる。1946年からライプチヒ音楽院に学び,1949年J.S.バッハゆかりのトマス教会のオルガン奏者に就任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

リヒター【Hans Richter】

1888‐1976
ドイツ出身の画家,映画作家。ベルリンに生まれ,建築と美術を学ぶ。1912年表現派の〈嵐Sturm〉展に,14年表現主義左派の《行動Aktion》誌に参加。第1次大戦で負傷後,チューリヒ・ダダ運動に加わり,肖像画から抽象芸術に進む。18年作曲家ブゾーニの示唆で,スウェーデンの画家エイェリンクW.Eggelingとともに色彩と形態の対位法的構成を研究し,〈巻物画Rollen〉から映画へと展開した。23‐26年エル・リシツキー,建築家ミース・ファン・デル・ローエらと構成主義の雑誌《G》を編集,実験映画では抽象映画(《リズム21》1921)からベルトフ流の実写の象徴化に転じ,《午前の幽霊》(1927)はエイゼンシテインモンタージュを啓示したといわれる。

リヒター【Karl Richter】

1926‐81
ドイツの指揮者,オルガン奏者。20世紀を代表するバッハ演奏家の一人。ライプチヒ音楽院に学び,1949年バッハゆかりのトマス教会のオルガン奏者,51年よりミュンヘン高等音楽学校でオルガンを指導,56年同教授。1953年〈ミュンヘン・バッハ合唱団〉,56年〈ミュンヘン・バッハ管弦楽団〉を組織し,指揮者およびオルガンないしハープシコード奏者として活動した。歴史に忠実な演奏を目ざすとともに,劇的効果に富む新しいバッハ像を実現した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

リヒター【Karl Richter】

1926~1981) ドイツの指揮者・オルガン奏者。バッハの教会カンタータ全曲演奏、マタイ・ヨハネの両受難曲、ロ短調ミサの演奏などに優れた厳格な解釈を示した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リヒターの関連キーワードドイツ統一西ベルリン東ベルリン伯林ベルリン映画祭ベルリンタワーベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団ベルリン・ドイツ歌劇場管弦楽団ベルリン・ドイツ交響楽団ベルリン・ドイツ・オペラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リヒターの関連情報