ジャーヒズ(英語表記)al-Jāḥiẓ, Abū `Uthmān `Amr ibn Baḥr al-Kinānī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャーヒズ
al-Jāḥiẓ, Abū `Uthmān `Amr ibn Baḥr al-Kinānī

[生]776頃.バスラ
[没]868/869. バスラ
アラブの文学者,思想家。アッバース朝のカリフ,マームーン以後のバグダードやサーマッラーで長年暮らした。アラビア文学史上第一級の散文作家で,イスラム神学でも独自の学説を立てた。広く文献に通じたほか,社会,自然のあらゆる方面に強い探究心をいだいた。著書は約 200といわれるが,現存するのはその一部にすぎない。『動物の書』 Kitāb al-ḥayawān (7巻) ,『表現の優美さと説明の明快さ』 Kitāb al-bayān wa'l-tabyīn (4巻) ,『けちんぼどもの書』 Kitāb al-bukhālā' (1巻) などは最も大きなもので,ほかにも民族学,動植物学その他の見地から興味深いエッセー (リサーラ) を集めたものなどがある。「アダブ」という中世の文学ジャンルの代表者の一人でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ジャーヒズ(al-Jāḥiẓ)

[776~869ころ]アラブ古典散文学の確立者。思想的には合理主義的な立場に立ち、バスラやバグダードで文筆活動を行った。著「けちんぼども」「動物の書」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ジャーヒズ

アラブの文学者。バスラの人。解放黒人奴隷の子孫といわれ,アッバース朝の保護を受け,イスラム神学,文学,歴史,科学の諸分野に多くの業績を残した。〈創造されたコーラン説〉を唱え,ムータジラ派教義正当化に努めた。主著《動物の書》で犬の性質の善悪,昆虫の生態などについて論じた。ことに《けちんぼども》で示された,人間性に対する風刺は高く評価される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャーヒズ【al‐Jāḥiẓ】

776ころ‐868∥869
アラブの文学者,思想家。古典散文学の確立者で,バスラの人。キナーナ族のマウラー(マワーリー)の家系に生まれたが,祖先はアビシニア出身の奴隷であったといわれる。ジャーヒズとは〈出目〉のゆえにつけられたあだ名(ラカブ)である。バスラでイスラム諸学を修めた後に,816年にアッバース朝カリフ,マームーンの招きでバグダードに上り,それから約50年間,バグダードとサーマッラーで大小の著作を次々と発表し,アッバース朝体制の擁護とムータジラ派の教義の正当化に努めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャーヒズ
じゃーひず
al-Ji
(775―868)

アラビア語の散文作家。両眼球が突出していたのでジャーヒズ(どんぐり眼(まなこ))というあだ名でよばれた。バスラに生まれ、バグダードに上り、アラビア語の辞書学、文法学、哲学、神学などの研鑽(けんさん)を積んだ。カリフ(最高指導者)のマアムーンが彼の博学に目をつけ文書局に招いたが、窮屈な役所生活に耐えられず3日後に辞めた逸話は有名。『動物の書』『解説と明証の書』『トルコ人の功績とアラブ軍団』のほか、ある人物を風刺した『四角と円の書簡』、けちんぼうを題材にした『けちんぼうの書』などがある。伝統的な手法にこだわらず、リアリズムの手法を持ち込み、後のアラビア散文文学の模範とされる。機知と洒落(しゃれ)が作品の随所にみられる。[池田 修]
『前嶋信次訳『世界文学大系68 アラビア・ペルシア集 けちんぼども』(1964・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のジャーヒズの言及

【アラブ文学】より

…これはアブド・アルハミード・アルカーティブ‘Abd al‐Ḥamīd al‐Kātib(?‐750)によって確立された。彼の弟子イブン・アルムカッファーおよびジャーヒズを経てアラブ散文文学,アダブadab文学(アダブは,アラビア語で礼儀作法,教養を表す)は頂点に達する。
[アッバース朝時代]
 8世紀に入るとアラブ文学の中心地はイラクの都市に移った。…

【シュウービーヤ運動】より

…イスラム研究者ギブはこの運動の本質を,当時のカーティブがイスラム帝国の政治・社会制度と価値観とを,彼らの理想としたササン朝のそれに置き換えようとしたものとみる。したがってイスラム文化への重大な挑戦であったが,ジャーヒズらの努力により,アラブの民族的伝統に基づくアダブ文学作品が多く著され,人々がアラブ人文主義の真価を再発見するようになると,この運動はしだいに下火となった。【嶋田 襄平】。…

※「ジャーヒズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android