ジャービル・ブン・ハイヤーン(読み)ジャービルブンハイヤーン

百科事典マイペディアの解説

ジャービル・ブン・ハイヤーン

アラビアの錬金術者。ラテン名ゲーベルGeber。南アラビアの出身でスーフィズムを信奉し,のちティグリス河岸のクファに住んだという。アラビア語による代表的な錬金術の本を書き,13世紀ごろから彼の名による多くの本がラテン語訳されヨーロッパに伝えられたが,偽書も多い。それらにより錬金術の知識のほか多くの物質の名称と性質,操作,製法などがヨーロッパにもたらされた。
→関連項目錬金術

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android