コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュコフスキー じゅこふすきーНиколай Егорович ЖуковскийNikolay Egorovich Zhukovskiy

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュコフスキー(Nikolay Egorovich Zhukovskiy)
じゅこふすきー
Николай Егорович Жуковский Nikolay Egorovich Zhukovskiy
(1847―1921)

ロシア・ソ連の流体力学者。技術者の子供として生まれ、モスクワで初等教育を受け、モスクワ大学の物理数学科を卒業。1870年より女学校、1872年よりモスクワ技術学校で数学を教え、その後モスクワ大学教授。彼は約200に及ぶ力学とそれを工学に応用した論文を発表した。そのなかには数学者のコワレフスカヤの研究に関係したものもあるが、最大の業績は流体力学とその応用に関するものである。航空機の翼の揚力の理論(クッタ‐ジュコフスキーの定理)、プロペラの渦動理論、翼のもっとも有効な断面の決定など、多くの業績がある。ソ連の中央航空力学研究所の創立者であり、航空力学の建設者である。[佐藤 忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジュコフスキーの関連キーワードツポレフ

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android