コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュコフスキー ジュコフスキー Zhukovskii, Vasilii Andreevich

2件 の用語解説(ジュコフスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュコフスキー
ジュコフスキー
Zhukovskii, Vasilii Andreevich

[生]1783.2.9. トゥーラ,ミシェンスコエ
[没]1852.4.24. バーデンバーデン
ロシアの詩人。父は富裕な地主,母はトルコの女捕虜。 1802年 T.グレーの『墓畔の哀歌』を翻訳して詩壇に登場,12年ナポレオン戦争に参加して『ロシア戦士の陣営における歌い手』 Pevets vo stane russkikh voinovを発表,一躍詩人としての名を高めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ジュコフスキー
ジュコフスキー
Zhukovsky

ロシア西部,モスクワ州の都市。モスクワの南東約 40kmにあり,モスクワ川にのぞむ。 1947年市となった新興都市で,モスクワ近郊のレクリエーション地域の中心地となっている。モスクワとリャザンを結ぶ鉄道が通る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジュコフスキーの関連キーワードスコルダトゥーラアッチャカトゥーラアッポジャトゥーラコロラトゥーラソプラノタブラトゥーラトゥーラ遺跡ノーメンクラトゥーラトゥームレイダー2トゥーランヴェットゥーラ クラシコ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジュコフスキーの関連情報