ジョージアン様式(読み)ジョージアンようしき

世界大百科事典 第2版の解説

ジョージアンようしき【ジョージアン様式】

イギリス芸術の一傾向。ジョージアンGeorgianは,英国王ジョージ1世の即位(1714)からジョージ4世の没年(1830)に至る同名の4国王の時代につくられた建築,家具,銀器などにみられるすべての様式を包括する便宜的な呼称。したがっていくつかの様式的局面を含むが,建築上のジョージアン様式はまず前代の巨匠C.レンのバロック的業績に対する反動として始まった。すなわち古代ローマ建築の構造を重視する簡素なパラディオ主義が復活し,その信奉者イニゴ・ジョーンズへの回帰が企てられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョージアン様式
じょーじあんようしき
Georgian style

イギリスのハノーバー朝、最初の4人の国王ジョージ1世、2世、3世、4世の治世(1714~1830)に行われた建築・工芸の様式。期間が100年余にわたるため様式的にもさまざまな局面を有している。前半はC・レンに代表されるバロックに対する反動から、W・ケントらを中心にパッラディオの復権が唱導され、イタリア・ルネサンス建築に範をとった種々の試みがなされた。高まりつつあった古代への憧憬(しょうけい)は、グランド・ツアーの流行と相まって、人々をローマからギリシア、さらに近東へと駆り立て、18世紀もなかば過ぎには中国趣味(シノワズリー)などの異国趣味やゴシック趣味の流行をも生み出すことになった。こうしたなかでロバート・アダムは、発見されたばかりのポンペイ遺跡などの研究に基づいて、軽快な装飾モチーフを駆使した優雅で端正な新古典主義建築を実現した。工芸では、陶磁器のJ・ウェッジウッドや家具のT・チッペンデール、T・シェラトンなどが目覚ましい活躍をみせている。[谷田博行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android