コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョージ3世 ジョージさんせいGeorge III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョージ3世
ジョージさんせい
George III

[生]1738.6.4. ロンドン
[没]1820.1.29. バークシャー,ウィンザー城
ハノーバー朝第3代のイギリス王 (在位 1760~1820) 。ジョージ2世の孫。イギリスで生れ教育を受けた最初のハノーバー朝国王として,前2代と異なり国王大権の回復を志した。そのために議員を買収して「国王の友」と称する一団を議会内に形成し,それまでホイッグ党政治家が行使してきた多数派工作をみずから踏襲して,直接国政を指導しようとした。その結果,ホイッグ党政治家たちは退けられ,ビュート (伯) ,F.ノースらのトーリー党政治家が登用されたが,ノース政権下にアメリカ独立戦争が勃発し,結局アメリカの独立を認めることになった。この時期に王の威信は低下したが,その後ピット (小) に国政 (首相在任 1783~1801,04~06) をゆだね,フランス革命期の内外の危機を乗切ることができたが,その間に内閣,首相の地位も確立するにいたった。 1809年に王は失明し,11年には以前からその兆候のあった精神異常が決定的となって発狂し,皇太子 (のちのジョージ4世 ) が王の死まで摂政をつとめた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ジョージ3世

生年月日:1738年6月4日
イギリス,ハノーバー朝第3代国王(在位1760〜1820)
1820年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ジョージ3世の関連キーワードノース(2nd Earl of Guilford Frederick North)フォックス(Charles James Fox)ロイヤルクラウンダービーニューカッスル(公)ローヤル・アカデミー摂政時代[イギリス]サウスジョージア島ロイヤルウースタージョージアンハウスウィリアム[4世]ビクトリア[女王]シャーロットタウンジョージ(4世)英領ケイマン諸島ノース・ブリトンシャーロット広場バッキンガム宮殿ジョージ[4世]ビュート(伯)キューガーデン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジョージ3世の関連情報