コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイゼンジノリ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スイゼンジノリ

日本固有の淡水らん藻の一種。かつては熊本市水前寺公園に近い上江津湖産地で、湖の一部が国の天然記念物だったが、ほぼ絶滅。現在は朝倉市の黄金川で2業者が養殖するだけに。環境省絶滅危惧(きぐ)1類に分類している。最近の研究で天然から抽出したものとしては最大の分子を持つ成分を含むことが判明。希少金属回収や化粧品、医療用品への活用が見込まれている。

(2009-04-26 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

スイゼンジノリ

日本特産のラン藻類クロオコックス科の淡水藻。熊本市水前寺公園やその付近の池,小川,水田などに生育。特に郊外の江津湖はその発生地として国の天然記念物に指定されている。
→関連項目ノリ(海苔)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スイゼンジノリ
すいぜんじのり / 水前寺苔
[学]Aphanothece sacrum (Sur.) Okada

藍藻(らんそう)植物。微細な細胞が集まって群体をなしている淡水産藻類。熊本市水前寺に近い江津(えづ)湖が原産地であるためこの名がつけられ、天然記念物に指定されているが、江津湖の汚濁に伴い、保護が必要となっている。スイゼンジノリは、1872年オランダのスリンガーSuringarが『日本藻類図解』にPhylloderma sacrum Sur.として発表したが、1953年岡田喜一によって学名は標記のように変更された。スイゼンジノリは、幅約4マイクロメートル、長さ6~7マイクロメートルの楕円(だえん)形の細胞が集まり、寒天質に包まれて群体をつくる。この群体は、暗緑色、不定形であるが、袋状または扁平(へんぺい)になり、多数集まって握りこぶしから人頭大の団塊になる。泉水・湧水(ゆうすい)地帯の周年水温が変化しない流水中に生育するため、適応性が狭い。このため、九州の熊本県および福岡県をおもな産地としている。
 江戸時代にスイゼンジノリを食用としていた旨の記録がある。現在では、なまのものは湯通しにして食べるが、塩漬けや乾燥製品になったものは水にもどして、酢の物や吸い物などにして賞味される。また、みそ漬け、からし漬けなどでも売られている。「干し苔(のり)」は、採取した原藻を水洗いし、すりつぶして素焼の平瓦(ひらがわら)に塗り付け、なま乾きになったらそり瓦に張り替え、さらに木製の張り板に張り替えて最後の仕上げをする。おもな産地と製品名は、福岡県朝倉(あさくら)市の寿泉苔(じゅせんたい)・秋月苔、久留米(くるめ)市の紫金苔(しきんたい)、熊本市の水前寺苔などで、現在は自然水や地下湧水を利用した水田のような養殖場で栽培されている。[安原健允]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スイゼンジノリの関連キーワードラン(藍)藻ノリ(海苔)サクラン水前寺菜中央区藍藻類植物海藻

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スイゼンジノリの関連情報