コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スウェーデン学派 スウェーデンがくは

百科事典マイペディアの解説

スウェーデン学派【スウェーデンがくは】

経済の動態変動過程を究明する,スウェーデン諸大学を中心とした経済学派。その発想はきわめて実践的なもので,研究発祥の大学にちなみストックホルム学派,また北欧学派とも。
→関連項目近代経済学事前事後分析

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スウェーデンがくは【スウェーデン学派 Swedish school】

19世紀末から20世紀前半にかけてのスウェーデンの経済学者たちの考え方を一括してスウェーデン学派と呼ぶことが多い。J.G.K.ウィクセルG.カッセルなどストックホルムを中心として活躍した経済学者たちの流れをくむ人々が多く,ストックホルム学派Stockholm school,あるいは北欧学派と呼ばれることもある。 ウィクセルは,ワルラスの一般均衡理論に対して,ベーム・バウェルクなどのいわゆるオーストリア学派の経済学者の考え方を取り入れて,資本主義経済における経済循環の動学的な分析を展開した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スウェーデン学派
スウェーデンがくは

北欧学派」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スウェーデン学派
すうぇーでんがくは

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スウェーデン学派の関連キーワードジョン ウィクセルミュルダールリンダールヒックスオリーンカッセル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android