コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカルン鉱物 スカルンこうぶつ

2件 の用語解説(スカルン鉱物の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

スカルン鉱物【スカルンこうぶつ】

接触交代鉱床の脈石鉱物。石灰岩接触変成作用を受けたとき石灰岩中の不純物または火成岩との間の交代作用によって生成される石灰質・鉄・マグネシウムケイ酸塩鉱物ザクロ石,透輝石,灰鉄輝石,透セン石,ケイ灰石,緑レン石,電気石などが代表的。
→関連項目ケイ(珪)灰石交代作用ザクロ(石榴)石

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スカルン鉱物
すかるんこうぶつ
skarn mineral

石灰岩あるいは苦灰岩が接触ないし広域変成作用を受けた際、多量のケイ酸分と反応すると、そこにカルシウム主成分とする珪酸塩(けいさんえん)鉱物が生成される。これらの鉱物をスカルン鉱物とよび、集合体をスカルンという。もともとスカルンはスウェーデンの鉱山用語として、鉱脈近傍の暗色の珪酸塩鉱物集合体に対して使っていた。スカルンが形成される際、有用な金属の硫化物や酸化物も同時に生成され、鉱床をつくることもまれでない。このような鉱床をスカルン型鉱床とよぶ。おもなスカルン鉱物には、灰礬(かいばん)ざくろ石、灰鉄ざくろ石、透輝石、灰鉄輝石、透閃(とうせん)石、緑閃石、珪灰石、スカポライト(柱石)、珪灰鉄鉱などがある。源岩がマグネシウムに富む場合には以上のほかに、金雲母(きんうんも)、苦土橄欖(かんらん)石、単斜ヒューム石なども生成される。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スカルン鉱物の関連キーワードスカルン接触交代鉱床接触変成岩尖晶石脈石交代鉱床接触鉱物高温交代作用接触交代作用気成接触変成岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone