コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカルン鉱物(読み)スカルンこうぶつ

百科事典マイペディアの解説

スカルン鉱物【スカルンこうぶつ】

接触交代鉱床の脈石鉱物。石灰岩が接触変成作用を受けたとき石灰岩中の不純物または火成岩との間の交代作用によって生成される石灰質・鉄・マグネシウム・ケイ酸塩鉱物。ザクロ石,透輝石,灰鉄輝石,透セン石,ケイ灰石,緑レン石,電気石などが代表的。スカルンskarnはスウェーデンの鉱山用語で,この種の鉱物に付けられた名。
→関連項目ケイ(珪)灰石交代作用ザクロ(石榴)石

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スカルン鉱物
すかるんこうぶつ
skarn mineral

石灰岩あるいは苦灰岩が接触ないし広域変成作用を受けた際、多量のケイ酸分と反応すると、そこにカルシウムを主成分とする珪酸塩(けいさんえん)鉱物が生成される。これらの鉱物をスカルン鉱物とよび、集合体をスカルンという。もともとスカルンはスウェーデンの鉱山用語として、鉱脈近傍の暗色の珪酸塩鉱物集合体に対して使っていた。スカルンが形成される際、有用な金属の硫化物や酸化物も同時に生成され、鉱床をつくることもまれでない。このような鉱床をスカルン型鉱床とよぶ。おもなスカルン鉱物には、灰礬(かいばん)ざくろ石、灰鉄ざくろ石、透輝石、灰鉄輝石、透閃(とうせん)石、緑閃石、珪灰石、スカポライト(柱石)、珪灰鉄鉱などがある。源岩がマグネシウムに富む場合には以上のほかに、金雲母(きんうんも)、苦土橄欖(かんらん)石、単斜ヒューム石なども生成される。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android