コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズタケ スズタケSasamorpha purpurascens

3件 の用語解説(スズタケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スズタケ
スズタケ
Sasamorpha purpurascens

イネ科の大型ササの1種で,日本各地の山地に広く分布するが,特に日本海側のブナ林に多い。樹林の下草として密生し,地中を長くはう地下茎の先端から,粗毛のある緑紫色のたけのこを出して繁殖する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

スズタケ

イネ科。森林下に群生するササ。日本全土に分布するが,太平洋側に多い。茎は高さ1〜3m,径3〜8mm。地下茎の先端から,緑紫色で細長く,あらい毛のはえたたけのこを出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スズタケ
すずたけ / 篠竹
[学]Sasamorpha borealis (Hack.) Nakai

イネ科のタケ・ササ類。稈(かん)は直立し、高さ1~2メートル。節は隆起せず、竹の皮が長いため稈面は露出しない。竹の皮は剛毛があって、ざらつく。稈の上方で一節から一枝ずつ分枝する。葉は少なく、枝先に普通2、3枚つき、毛はない。葉身は長楕円(だえん)状披針(ひしん)形で先はしだいにとがり、厚くてやや革質、表面は光沢があり、裏面はやや灰白色。肩毛(かたげ)(葉柄の基部の左右にある剛毛)はない。稈の上部や枝から長い花柄を出し、紫色の小穂からなる円錐(えんすい)花序をつける。北海道から九州の太平洋側、および朝鮮半島に分布する。名のスズは、ススキと同様に叢生(そうせい)する意味といわれる。[鈴木貞雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スズタケの関連情報