コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティショバイト

3件 の用語解説(スティショバイトの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

スティショバイト

1200〜1400℃,16万気圧以上の高圧下でできるケイ酸鉱物。比重が,同じ組成SiO2の石英の比重2.65に比べ4.28〜4.35と非常に大きい。天然には米国アリゾナ州の隕石(いんせき)孔付近の砂岩中にコーサイトと共存,隕石落下時の衝撃で生成したと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スティショバイト【stishovite】

鉱物の一種。化学組成SiO2。正方晶系。無色透明,ガラス光沢。非常に細粒のため微小硬度を測定する。比重4.35。コーサイトよりフッ酸に難溶。1961年にソ連のスティショフS.M.StishovとポポワS.V.Popovaによって温度1200~1400℃,圧力160kbarで合成されたが,天然には翌62年にアメリカアリゾナ州バリンジャー隕石孔の砂岩中にコーサイトに伴って産出するのが発見された。石英の多形で,コーサイトよりさらに高圧で生成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スティショバイト
すてぃしょばいと
stishovite

珪酸(けいさん)鉱物の多形(同じ化学組成で原子配列が異なる一群)の一つで、きわめて高圧下で生成される。温度1200~1400℃、1.6ギガパスカル(約1万6000気圧)以上の圧力で合成される。そのため密度は他の珪酸鉱物に比較して著しく大きい。最初アリゾナの隕石(いんせき)孔にある砂岩中からコース石などとともに産した。非常に微細なものであるが、外観は正方柱状に近い。この鉱物のケイ素は酸素のつくる八面体の中心に位置する。すなわち6配位をとることであり、普通のケイ素が4配位(四面体の中心に位置する)をとるのと根本的に異なる。最初にこの鉱物に相当する物質を合成したロシアの結晶学者スティショフSergei Mikhailovich Stishov(1937― )にちなんで命名された。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスティショバイトの言及

【シリカ鉱物】より

…化学組成SiO2で示される無水ケイ酸鉱物の総称で,天然には5種の鉱物として産出する。すなわち,石英,トリディマイトtridymite,クリストバライトコーサイトスティショバイトである。これらの中で,石英が最も普通な鉱物で,トリディマイトとクリストバライトは酸性火山岩中に産する。…

※「スティショバイト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

スティショバイトの関連キーワードデンマーク文学尾瀬インド哲学度量衡じん肺診断ウェンツェルドイツ美術一坪共有地運動ティリンスジャール平原

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone