コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステファヌス2世(3世) ステファヌスにせい[さんせい]Stephanus II (III)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステファヌス2世(3世)
ステファヌスにせい[さんせい]
Stephanus II (III)

[生]?. ローマ
[没]757.4.26. ローマ
ローマ出身の第92代教皇(在位 752~757)。教皇ザカリアスの死後,ステファヌス2世が教皇に選出されたが,戴冠式を待たず死去したため,そのあとを継いだ教皇ステファヌスは 2世もしくは 3世と呼ばれる。治世のおもな業績は,アイストゥルフ率いるランゴバルド族のイタリア侵攻に対抗するため,フランク王国との同盟を樹立したことである。753年のアイストゥルフとの和平交渉が不首尾に終わったのち,翌 754年フランク王国に赴き国王ピピン(小)と会談,ピピンとその息子たちに塗油を施した(→塗油式)。その後ピピンはイタリアに攻め入ってランゴバルド族と戦い,756年奪還したローマ,ラベンナ,ベネチアなどをステファヌスに寄進した(→ピピンの寄進)。ピピンの寄進により教皇領が生まれ,教皇は世俗の統治者ともなった。これ以降,教皇はビザンチン帝国から距離を置き,フランク王国がカトリック教会の庇護者となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ステファヌス2世(3世)の関連キーワードパウルス1世

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android