コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストロボ すとろぼ

7件 の用語解説(ストロボの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ストロボ

カメラのシャッターボタンを押すと瞬間的に発光する照明装置のこと。暗い場所での撮影や、逆光での撮影時に利用する。また、デジタルカメラには、ストロボと遅いシャッタースピードを併用して撮影する「スローシンクロモード」が搭載されたものもあり、夜景を背景に人物を撮影するような場合に利用する。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ストロボ(strobo)

写真撮影用の閃光(せんこう)装置。キセノンガスを封入した放電管を光源とし、直流電流コンデンサーに蓄電しておき、カメラ側のシャッターと連動して閃光を発生させるもの。繰り返して使用できる。もと、ストロボリサーチ社の商品名。スピードライトフラッシュ。エレクトロニックフラッシュ。
ストロボスコープ」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

ストロボ

 キセノンガスを封入したガラス管に放電することで閃光を発生させるフラッシュ装置の一種。マサチューセッツ工科大学のHarold Edgertonによって発明された。現在ではフラッシュと言えば、このストロボを指す。なお、ストロボは商品名で、英語ではelectronic flash(エレクトロニックフラッシュ)またはspeedlight(スピードライト)という。閃光時間が短く、色温度が昼間の太陽光に近いのが特徴。写真用の 光源 としてスタジオ内での商品撮影から、コンパクトカメラの内蔵用まで広く使われる。 → 自然光

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ストロボ

真保裕一の長編小説。2000年刊行。写真家である主人公の仕事と人生を、フィルムを巻き戻すかのように遡る物語。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ストロボ【strobo】

〔もと商標名〕 写真用光源の一。キセノンなどのガスを封入した放電管に高圧電流を通してガスをイオン化し、強い閃光せんこうを得るもの。放電が終わるとガスは元の状態に戻るので繰り返し使用できる。
ストロボスコープの略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストロボ
ストロボ
strobe light

写真撮影用人工光源の一種。エレクトロニック・フラッシュ,スピードライトなどとも呼ばれる。ガラスや石英管内にキセノン,クリプトンなどの希ガスを満たし,管の両極に電極を閉じ込めて,直流高圧電流を通じ,瞬間的に放電,発光させる装置。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストロボ
すとろぼ
strobe

キセノン放電管による電子閃光(せんこう)を利用した写真用人工光源。1939年アメリカのハロルド・エジャートンによって発明された。ストロボという名称はストロボ・リサーチ社の商品名だが、今日では一般名として使用され、スピード・ライト、エレクトロニック・フラッシュともよばれる。非常に短時間(数百分の1~数万分の1秒)に発光する光質は昼光に近く、携帯に便利な小型のものがつくられるようになったので、写真用人工光源として現在広く使用される。また、ストロボは写真用以外にも空港への進入灯や舞台照明などに利用されている。
 オートストロボは、自動調光ストロボともいい、フィルムの感度とストロボの強さにより決められた絞りにセットしておくと、ストロボまたはカメラに内蔵された受光素子が、被写体に当たって返ってくる光の強さを検出し、標準露光量に達すると発光を自動的に停止させる構造のものである。このとき余分の発光エネルギーを、機内のバイパス放電管に流すタイプをバイパス方式、機内に蓄えておくものを直列制御(シリーズ)方式とよぶが、後者のほうが電源のもちがよく、近距離の撮影では発光間隔が短縮される利点がある。いずれの場合も近距離撮影では発光時間が1万分の1秒ぐらいまでにきわめて短くなる。
 マルチストロボは、非常に短時間に繰り返し発光することができるような構造のものをいい、運動の分解写真撮影や、またその応用として舞台照明などに使用されている。
 赤外線ストロボは、ストロボ発光部の前面に黒色の赤外線フィルターを付して、ストロボ光中の赤外線のみが照射されるような構造としたものをいい、赤外線写真撮影などに使用される。[伊藤詩唱]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ストロボの関連キーワードガス管ストロボライトガス入り電球ネオン管クリプトン球催涙スプレー点灯管クラブソーダせん光放電灯(閃光放電灯)フッ化キセノン(弗化キセノン)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ストロボの関連情報