コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピーク スピーク Speke, John Hanning

4件 の用語解説(スピークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スピーク
スピーク
Speke, John Hanning

[生]1827.5.3. デボンシャー,バイドフォード
[没]1864.9.15. ウィルトシャーコールシャム付近
イギリスアフリカ探検家。ソマリアを探検 (1854) 。さらにイギリス王立地理学会のナイル川水源と湖沼地帯の探検隊に R.バートンとともに参加。途中バートンは病気のため探検を中止したが,彼はついにビクトリア湖を見出した (58) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スピーク(speak)

話すこと。また、言葉。用語。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スピーク

英国のアフリカ探検家。R.F.バートンとともに1854年ソマリランドを探検,1857年―1859年には東アフリカを探検しタンガニーカ湖に到達した。のち単独で探検を続け,ビクトリア湖がナイル川の水源であることを確認した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スピーク
すぴーく
John Hanning Speke
(1827―1864)

イギリスのアフリカ探検家。ナイル川水源の発見者として有名。17歳でインドベンガル軍に入隊、10年後の1854年、除隊して帰国の途中、R・F・バートンが率いるソマリア探検隊に参加したが失敗に終わった。56年、バートンから招かれふたたび探検隊に参加、57年にはタンガニーカ湖を、58年7月にはナイル川の水源と思われる湖を発見、ビクトリア湖と命名した。62年7月にはナイル川を上り、同湖との分岐点に到着、その地を恩人である陸相リポンにちなみ、リポンフォールと命名した。64年9月、この発見に異論を唱え続けてきたバートンとの公開討論会が準備されたが、その直前に鳥撃ちに出て銃が暴発し不慮の死を遂げた。[石井摩耶子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スピークの関連キーワードフィルポッツワッシャーカーボンシャフトウッディシャープペンシル3色ボールペン・シャープペン付シャーボPENCO シャープペンシルわんわんシャーベットキャシャーン Sinsデボンシャークリーム

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スピークの関連情報