スポーツ新聞(読み)スポーツシンブン

世界大百科事典 第2版の解説

スポーツしんぶん【スポーツ新聞】

スポーツ,とくにプロ野球についての報道や読物を中心とする専門紙。スポーツ紙は外国ではごく少数存在するだけで,日本特有の,そして第2次世界大戦後の存在といえる。1946年3月創刊の《日刊スポーツ》が最初で,その後日本のスポーツが復興しはじめた48年から相次いで発刊された。50年のプロ野球の2リーグ制,52年の白井義男のプロボクシング世界フライ級チャンピオン獲得,53‐54年ころの日本テレビの街頭テレビによる力道山のプロレス試合の放映などがスポーツ紙の読者を拡大した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スポーツしんぶん【スポーツ新聞】

スポーツ報道を主とし、芸能・娯楽記事などを多く載せる新聞。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スポーツ新聞
すぽーつしんぶん

専門紙の一つ。スポーツの報道、関連情報の提供を行う新聞。総合的なスポーツ日刊新聞としてはフランスの『レキップ』(1944創刊)が有名。ヨーロッパにはほかの各国にもスポーツ日刊紙があるが、アメリカ、イギリスにはない。これらのどの国でも週刊以下の頻度の競技種目別の専門紙となると多数が存在する。これに対して日本のスポーツ日刊紙というのは、プロスポーツ、芸能、レジャー、ギャンブル、娯楽読み物を内容とした独特の形のものとして第二次世界大戦後創刊をみ、発達した。多くは、有力一般日刊新聞社の関連事業として発行されている。これら親新聞社どうしの販売競争の激化に伴い、最近またスポーツ紙の創刊、地方発行の動きが盛んになっている。[桂 敬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

スポーツ‐しんぶん【スポーツ新聞】

〘名〙 スポーツの報道や読み物に主眼をおいた新聞。娯楽、芸能記事も多く載せる。日本では第二次世界大戦後に始まり、大衆紙として発達。スポーツ紙。
※青春怪談(1954)〈獅子文六〉店開き「一方、慎一も、スポーツ新聞に、売り店の広告を出しているから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スポーツ新聞の関連情報