コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スラッジ sludge

翻訳|sludge

デジタル大辞泉の解説

スラッジ(sludge)

下水処理や工場廃水処理などの過程で生じる、腐敗しやすい有機物を含み臭気の強い沈殿物汚泥
自動車のエンジンなどの内燃機関で、燃焼室内にこびりつく粘性の高い汚れ。燃料に由来する炭素や金属の燃えかすなどを含む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

スラッジ

 汚泥,ヘドロともいう.排水処理をした結果残る泥状の沈殿物.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

スラッジ【sludge】

工場廃水や下水処理に伴って出る泥状物。汚泥。へどろ。
タンク内の油分・さびなどの沈殿物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スラッジ
すらっじ
sludge

泥状の産業滓(さい)あるいは廃水処理殿物等の一般的呼称。金属を表面処理する際の酸洗い工程や、水と接するボイラー、船舶あるいはタンク類等の金属質の表面が剥離堆積(はくりたいせき)して泥状となったものを一般にスラッジとよぶ。この場合、主成分は金属またはその化合物である。
 一方、産業廃水の処理工程では、定められた排水基準に従って廃水中の有機および無機含有物を除くため、生物化学的処理あるいは無機化学的処理が行われる。前者は活性汚泥法がもっとも多く用いられ、この処理でBOD(生物化学的酸素要求量bio-chemical oxygen demand)の90%以上が除去される。しかし金属イオンなどを含む場合にはさらにpH調整、中和沈殿等の無機化学的処理を行う必要がある。これらいずれの工程でもスラッジの生成があるため、その処理や利用が問題となる。また、粗金属の電解精製の際、電気化学的に貴な物質が電解液に溶出することなく残留した、いわゆるアノードスライムanode slime(陽極泥)も広い意味でスラッジとよばれることがある。
 このようなスラッジは種々雑多な成分をもっているので処理方法は一様ではないが、とくに金属成分を多く含むものに対しては、金属二次資源の一つとして合理的な処理による効率のよい金属回収が重要である。[阿座上竹四]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスラッジの言及

【汚泥】より

…スラッジともいう。固形と液状の中間性状を示す泥状の廃棄物。…

【スラリー】より

…濃厚なものをスラリー,希薄濃度のものをサスペンションに区分することがある。また槽底に沈んで堆積する濃厚なスラリーをとくにスラッジあるいは汚泥と呼んで区別することもある。スラリーの性質は構成要素の液体と粒子の性質および液体中の粒子濃度により異なる。…

※「スラッジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スラッジの関連キーワード泥砂キャスト原子力発電シックナートランス油スラリー下水処理工場廃水汚泥処理エンジン活性汚泥へどろ上水道焼却炉水俣病変圧器重油

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android