コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーザ スーザ Sousa, John Philip

6件 の用語解説(スーザの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーザ
スーザ
Sousa, John Philip

[生]1854.11.6. アメリカワシントンD.C.
[没]1932.3.6. アメリカ,ペンシルバニア,リーディング
アメリカの作曲家。幼い頃から音楽を得意とし,13歳でトロンボーン奏者となり,バイオリン,指揮も上達した。 1880年海兵隊軍楽隊の楽長に就任,1892年みずから吹奏楽団を組織して全世界をめぐる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スーザ(John Philip Sousa)

[1854~1932]米国の作曲家。行進曲を多数作曲して「マーチ王」とよばれた。作品に「星条旗よ永遠なれ」「ワシントン‐ポスト」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スーザ

米国の吹奏楽指揮者,作曲家。ワシントン生れ。父はポルトガル出身でワシントンの海軍軍楽隊のトロンボーン奏者,母はドイツ人。ワシントンやフィラデルフィアの劇場でバイオリン奏者,指揮者として活動し1880年にワシントンの海兵隊軍楽隊の楽長となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スーザ【John Philip Sousa】

1854‐1932
アメリカの吹奏楽指揮者,作曲家。少年時代からワシントンやフィラデルフィアの劇場でバイオリン奏者,指揮者として活躍,1880年海兵隊軍楽隊(大統領の儀礼用)の楽長に就任。92年に辞任して自ら〈スーザ吹奏楽団〉を組織し,アメリカ,ヨーロッパを旅して好評を博した。第1次世界大戦中は海軍軍楽隊訓練所長として復役し,軍楽少佐にまで進んだ。作品には100曲にのぼる行進曲,オペレッタ,舞曲,歌曲などがあるが,その中で名高いのは《星条旗よ永遠なれThe Stars and Stripes Forever》(1897),《ワシントン・ポスト》(1889),《士官候補生》(1890)などの行進曲で,彼は〈行進曲王〉と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

スーザ【John Philip Sousa】

1854~1932) アメリカの作曲家。「星条旗よ永遠なれ」「ワシントン-ポスト」など百曲以上の行進曲、またオペレッタなどを作曲。マーチ王。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スーザ
すーざ
John Philip Sousa
(1854―1932)

アメリカの作曲家。『星条旗よ永遠なれ』(1897)をはじめ、『ワシントン・ポスト』(1889)、『エル・カピタン』(1895)など、数多い行進曲(マーチ)で知られる。軍楽隊のトロンボーン奏者の子に生まれ、バイオリン、ソルフェージュを幼時から学ぶ。1880~92年ワシントンの海兵軍楽隊の指揮者として君臨したのち、自らスーザ吹奏楽団を結成、世界的な演奏旅行を数度行い「マーチ王」と称せられた。140曲のマーチのほか、11曲のオペレッタ、12曲の組曲などを作曲、さらにチューバを改良したスーザフォーンsousaphoneを考案し、現代の吹奏楽の基礎を築いた。[細川周平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスーザの言及

【軍楽隊】より

…オーストリアの軍楽隊出身のバンド・マスターとして,グングルJoseph Gungl(1809‐89)やF.レハールがいる。またアメリカで最も大きな活動をした軍楽隊長にJ.P.スーザがいる。しかし第2次世界大戦後は活動の限定などによって以前ほどの勢いはなくなっている。…

【行進曲】より

…18~19世紀にはモーツァルト,ベートーベンの《トルコ行進曲》ほか,ベルリオーズ,ショパン,マーラーをはじめ多くの作曲家が,ソナタや交響曲中で行進曲に特別な意義を与えた。また行進曲王と呼ばれるスーザや《双頭の鷲の旗の下に》のJ.F.ワーグナーも有名で,《ラ・マルセイエーズ》のように,行進曲が国歌に採用された例も知られる。 18世紀にトルコの軍楽が行進曲の歴史を大きく変えたように,東洋にも行進曲に類したものはある。…

【レコード】より

…1890年ころ現れたコイン投入式の商業用の蓄音機が音楽レコード生産のきっかけを与えた。もっとも人気を博したのはスーザのひきいるアメリカ合衆国海兵隊軍楽隊の行進曲であった。初期の円筒式では一時に録音できるのは数本から10本だったので,注文のあるかぎり,演奏者たちは何百回でも繰り返して演奏しなければならなかった。…

※「スーザ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スーザの関連キーワードバーンスタインワシントン・ポスト海を越えた握手エル・カピタン星条旗よ永遠なれ東京吹奏楽団美中の美不安の時代池田高校吹奏楽部マゼール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スーザの関連情報