コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズボン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ズボン

下体表衣で別々に両脚を包むものを総称する日本語。英語のトラウザーズ trousers,パンツ pants,スラックス slacks,フランス語パンタロン pantalonにあたる。語源は一般にフランス語のジュポン juponの転訛語とされるが,この語はおもに女性用のペティコートを意味する。ズボンの語は,だんぶくろ (駄荷袋の音便) などとともに江戸時代末期から登場するところから,別にだぶだぶの袋状の洋をはくときの擬声語からとする説もあり一定しない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ズボン

《〈フランス〉jupon(ペチコートの意)からというが未詳股下で二つに分かれ、足を片方ずつ包むようになっている衣服。スラックス。パンツ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ズボン

洋服の下衣の一種で,英語のトラウザーズ,スラックス,フランス語のパンタロンなどの総称。明治時代,足がずぼんと入るところからこの名になったといわれる。中央アジアやオリエントでは古くから用いられていた。
→関連項目キュロット

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ズボン

腰から脚部にかけて左右別々に覆う西洋式脚衣(スラックス,パンタロン,パンツなど)の総称。語源は明らかではなく,はくとずぼんと足が入るところからそう呼ばれたともいう。またフランス語の〈ジュポン〉に由来するともいう。しかしジュポンjuponは,16世紀以来スカートにあたる〈ジュープ〉が女装として定着するにつれ,もっぱら女性用の下ばき(ペティコートの類)を指すようになったから,語義上の関係はない。
[ズボンの起源と伝播]
 アラビア文化圏の伝統的脚衣シャルワールについては,ペルシア語の転訛語が多いといわれるが,イスラム進出以前の古代イラン文化圏にあっては,ギリシア人によって〈アナクサリデスanaxarides〉と呼ばれた長ズボンが早くも常用されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ズボン

フランス jupon からか〕
主に男子の衣服で、両足を別々に包む形で下半身にはくもの。スラックス・パンタロンなどの総称。 〔明治時代には「洋袴・段袋だんぶくろ」ともいった。語源は幕臣大久保誠知が「ずぼんと足がはいる」といったことに由来するとの説もある〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ズボン
ずぼん

洋服での下体部を覆う、二またに分かれた筒状の表着を総称する日本語。[石山 彰]

語源

明確でないが、大別すると二説ある。(1)は、フランス語のジュポンjuponの転訛(てんか)語とする説(『広辞苑』『日本国語大辞典』『荒川・外来語辞典』など)。(2)は、擬声語ともいうべき「ずぼん」または「すぽん」という副詞からとする説である。(1)のジュポンというフランス語は元来、女性のペティコートの意味ではあっても、男性用のズボンの意味はない。なぜ、いつごろからこの説が流布するようになったかは不明で、このことから『日本国語大辞典』でも次の記述がみられる。「ペチコートの意味のフランス語juponが、なぜ現在の意味に用いられるようになったかは、はっきりしない」。ズボンという呼称は幕末から、当時のいわゆる「段袋(だんぶくろ)」(駄荷袋の音便)の俗称として使われた。段袋とは、大きな袋を意味すると同時に、洋服の太いズボンを意味している。こうしてズボンの語が初めて文献に登場するのは、片山淳之助(じゅんのすけ)(実は福沢諭吉)の『西洋衣食住』(1863)のなかの「ズボンつり」においてである。また、仮名垣魯文(かながきろぶん)の『万国航海西洋道中膝栗毛(ひざくりげ)』(1871)には、「チョッキ」「マンテル」「沓(くつ)」「ズボン」と記されている。また同じころの『開化往来』にも「大(ももひき)(俗にズボンまたはたんぶくろ)」とある。こうしてズボンの語は明治初期に市民権を得たとみられる。
 ところがやがて(2)の説を裏づける記述が現れた。落合直文(なおぶみ)編『言泉(ことばのいずみ)』(1912)で、これには「ずぼん、洋袴、幕末の頃(ころ)、幕臣大久保誠知といふ人これを穿(は)けば、ずぼんと言い初めたる語なりといふ。洋服の下部、足に穿(うが)つもの、形、股引(ももひき)に似たり」とある。(1)の説は単に発音が類似しているからという比較的単純な理由に基づく。これに対し(2)の「ずぼん(と)は、物が抜けたり、落ちこんだり、はずれたりなどするさまを表わす語」「すぽん(と)は、物がうまい具合に、一気に、抜けたり、はまったりなどするさま、また、その音を表わす語」(日本国語大辞典)と記されている。ズボンの意味を表す漢字としては、洋袴、細袴、股袴、下袴、袴服、穿袴などがあてられた。
 いずれにせよ、ズボンに該当する英語は、一般にはトラウザーズtrousers, trowsers、アメリカではスラックスslacks(元来、ゆるいものの意)、パンツpants(パンタルーンpantaloonsの略)、フランス語ではパンタロンpantalonであり、わが国の洋装用語では、これらが入り交じってズボンを表す外来語として用いられている。[石山 彰]

歴史

フランスの南部やスペインに残された後期旧石器時代の遺跡には、毛皮をまとった人物や、毛皮のズボンだけをつけた人物が描かれている。他方、エスキモーの毛皮の着衣からしても、ズボン形式の衣服の誕生は、少なくとも石器時代にさかのぼると推定される。中央アジアを原住地とした騎馬遊牧民族アーリア人は、紀元前2500~前2000年代から徐々に南下し始め、前7~前5世紀には黒海北部からメソポタミアに達した。その確実な証拠はカフカス地方の遺跡、とりわけスキタイ文化やペルシアの遺跡にみられる。もっとも有名なのは、ペルセポリスのダレイオス宮殿の遺跡(前6世紀ころ)や、さまざまなスキタイ人の遺物(前5世紀ころ)で、これらには明らかにズボン形式の着衣を特徴づけた、北方民族の姿がみごとに浮彫りされている。
 古典古代に入ると、ギリシア人は、フリギア人やアマゾンの姿として、ズボンをはいた異邦人を描き、一方、ローマ人は「ブラーカエbracae(ズボンのこと)をはく野蛮人」として北方ゲルマン人を軽蔑(けいべつ)した。4世紀後半の民族大移動の開始とともに、北方系の衣服を特徴づけるズボン形式はユーラシア大陸の各地へと拡大していった。中国にみられる胡服(こふく)や日本の埴輪(はにわ)にみられる衣褌(きぬばかま)も、そうした歴史的現象の一環であり、他方、ヨーロッパでのローマ末期からビザンティン時代にかけての北方系衣服、つまりズボン形式の浸透もそうである。また、中世初期のイスラム教徒は、男女ともたっぷりしたズボンつまりシャルワールshalwarをはいている。こうして、やがて西洋中世の男子もズボン形式が一般となった。フランク人の男子は緩やかなズボンをブレーbraies、靴下をショースchaussesとよび、イギリスでは緩やかなズボンをブリッチズbreeches、靴下をホージズhosesとよんだ。
 14~15世紀になって上着が短くなると、ショースやホージズが下体衣の中心となり、ぴったりしたタイツ状の脚衣が定着する。この形式は事実上17世紀なかばまで持続するが、その間の16世紀には、腰部から大腿(だいたい)部を覆うきわめて独特の脚衣が現れた。フランス語ではこれをオー・ド・ショースhaut-de-chausses、英語ではアッパー・ストックスupper stocksまたはトランク・ホージズtrunk hosesとよんだ。
 17世紀の第3四半期には、男性にも一見スカート状の奇異なズボンが現れたが、フランス語ではこれをラングラーブrhingrave、英語ではペティコート・ブリッチズpetticoat breechesとよんだ。男性のズボンはその後、長上着の登場とともに一転して、ぴったりした半ズボンつまりキュロットculotteに変わり、以後18世紀末まで続いた。
 今日のような長ズボンは、それまでの水夫や職人などの小市民が着けていたものをフランス革命時の過激共和派の人たちが用いたもので、このことから革命時の小市民や革命党員をサン・キュロットsans-culottes(半ズボンをはかない人々の意)と名づけたのは有名であるが、定着するのは19世紀も20~30年代になってからであり、さらに背広服が出現するのは19世紀もなかばのことである。[石山 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のズボンの言及

【ウマ(馬)】より

…それまでの突く直刀から反りのある刀への変化も,前進しつつ切るための当然のくふうであり,半月刀ほどの反りはなくとも,日本刀にも反りが生じている。またズボンと筒袖の上着の普及は,騎乗の普及とともに伝播(でんぱ)し,ゲルマン人やケルト人はもちろん,中国人さえ胡服といって,それを受け入れた。ただ騎馬の出現の歴史的意味は,この程度のことにとどまるものではなかった。…

【オーバーオールズ】より

…胸当てつきのゆったりしたズボン。白,青の厚地デニムなど木綿で作られ,肩紐つき,脇留めの形が多い。…

※「ズボン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ズボンの関連キーワード替えズボン・替ズボンジュップキュロットトレアドールパンツテーパードパンツスウェットパンツセーラーパンツショートジョンショートパンツセーラーズボンパンタクールバギーパンツワイドパンツハーフパンツカフドパンツサロペットローライズフルスーツズボン吊りノータック喇叭ズボン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ズボンの関連情報