センブリ(千振∥泥蜻蛉)(読み)センブリ(英語表記)alderfly

世界大百科事典 第2版の解説

センブリ【センブリ(千振∥泥蜻蛉) alderfly】

目センブリ科Sialidaeに属する昆虫総称,またはそのうちの1種を指す。この仲間は中型で翅の開張20~40mm,全体に黒褐色ないし黒色を帯びる。極地を除き世界中に広く分布するが,小さな科で40種足らずが記録されているにすぎない。日本では11種が知られる。成虫は昼間水辺付近を飛翔(ひしよう)する。4~7月,山地池沼や緩い流れの水辺の草むらに発生し,寿命は短く数日であるという。卵は微小で細長い円筒形,水草や水ぎわの岩石などに200~500粒の卵塊で産みつけられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android