コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソトイワシ(外鰯) ソトイワシbonefish

翻訳|bonefish

世界大百科事典 第2版の解説

ソトイワシ【ソトイワシ(外鰯) bonefish】

カライワシ目ソトイワシ科の海産魚。吻(ふん)がとがっていて,口は下位。本州中部以南より東南アジア海域,インド洋,大西洋の温帯・熱帯外洋・沖合域に広く分布する。体形はイワシ形。体長60cmに達する。体は腹部は銀白色,背縁部は黄色みを帯び,円鱗で覆われる。明りょうな側線をもつ。背びれは体の中央に位置し,腹びれは背びれ基底部の後端下方にある。しりびれは小さく腹びれと尾びれの中間にある。尾びれは二叉する。ウナギのようにレプトセファラス形の幼期を経て変態し成魚となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android