コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソルフェージュ solfège

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソルフェージュ
solfège

最初は旋律をドレミで歌う唱法をさしたが,やがてフランスやベルギー音楽家の基礎教育科目となり,音程,リズム,音部記号に習熟させ,あわせて聴音能力を身につけさせるなどの訓練をさすようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ソルフェージュ(〈フランス〉solfège)

歌詞を用いず母音またはドレミファの音名を用いて行う歌唱訓練。また、それから発達し、音楽理論視唱読譜暗譜聴音などの能力を養う音楽の基礎教育。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ソルフェージュ

ソルミゼーションや母音を用いて歌唱訓練すること。また,そのための教則本(たとえばイタリアの声楽教師G.コンコーネ〔1801-1861〕によるもの)。さらに,このような訓練を中心とする音楽の基礎教育全般をさし,フランスで始まった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ソルフェージュ

よしながふみによ漫画作品。音楽教師と教え子のお話。『花音』1996年6月号に掲載。芳文社花音コミックス全1巻。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソルフェージュ【solfège[フランス]】

歌唱練習の一種で,旋律を歌詞なしで,音名や階名で歌うこと,またそのための練習曲。広義には読譜と表現に関する音楽の基礎教育全般を指す。 高さの違う種々の音を区別して単純なシラブルで呼ぶことをソルミゼーションsolmizationといい,音階の各音を表せば音名や階名の機能をもつ。旋律の記憶や教習の手段として,古来,種々のくふうがなされている。日本の唱歌(しようが)や口三味線もソルミゼーションに近いものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ソルフェージュ【solfège】

音楽の基礎教育のうち、視唱力・読譜力・聴音能力などを養う教育課程の名称。本来は、楽譜を母音またはドレミの音節で歌う声楽訓練を意味する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソルフェージュ
そるふぇーじゅ
solfgeフランス語
solfeggioイタリア語

音楽の基礎教育の一つで、旋律や音階などを母音のみ、あるいは階名などのシラブルで歌うこと(母音のみで歌う場合には、とくにボカリーズとよぶこともある)。18世紀にイタリア、フランスで声楽の教育体系として、特定のシラブルを歌唱練習に用いることが完成された。これがソルフェージュとよばれるようになり、多くの練習曲がつくられた。19世紀にはフランスを中心として、この狭義のソルフェージュに他の科目を加えた音楽の基礎教育が音楽学生を対象に整備され、その全体をソルフェージュと総称するようになった。この広義のソルフェージュは、完全な読譜力と正確な表現力の習得を目的としている。内容としては、楽典(音楽理論、和声分析など)、聴音(音高や和音、音価などの識別とその記譜)、ソルフェージュ(楽譜の視唱、音程やフレージングなどの総合的な学習)、さまざまな方法によるリズム練習などがある。[卜田隆嗣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ソルフェージュの関連キーワードフランク(César Franck)エミル ジャック・ダルクローズA.J.A. ラビニャックフィリップ アントルモンステファン グラッペリピアノ(楽器)ドビュッシーラビニャック城多又兵衛池内友次郎ヒナステラリトミック菅原 明朗嵐野 英彦教育課程ゴセック水谷 堅スーザ視唱法本来

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソルフェージュの関連情報