コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカアシガニ(高脚蟹) タカアシガニ Macrocheira kaempferi

1件 の用語解説(タカアシガニ(高脚蟹)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タカアシガニ【タカアシガニ(高脚蟹) Macrocheira kaempferi】

甲殻綱クモガニ科に属する世界最大のカニで,1属1種(イラスト)。甲長35cm,甲幅30cmほどのヨウナシ型。十分に成長した雄でははさみ脚が歩脚よりもはるかに長くなり,左右に広げると3m以上になる。甲面は大小のとがったいぼ状突起で覆われ,さらに蔓脚(まんきやく)類のヒメエボシが多数付着している。額のとげは甲長の1/8ほどで,外側に強く曲がっている。幼個体では甲面に短毛が密にはえ,額のとげはあまり開かず,甲長の1/2に近い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のタカアシガニ(高脚蟹)の言及

【カニ(蟹)】より

…一般的に雄のはさみ脚が大きく,そのうえ,左右の大きさを異にすることも多いが,シオマネキ類の雄のように極端に大きさが異なるのは例外的である。テナガコブシガニ,タカアシガニエンコウガニなどでは,雄の二次性徴としてはさみ脚が異常に巨大化するが,これは雄としての単なる象徴ではなく,交尾の際に雌を抱きかかえるのに有効である。4対の歩脚は一般に単純な棒状であるが,最後の1~2対が泳ぐためや砂に潜るため,あるいは他の目的のために変形していることも少なくない。…

※「タカアシガニ(高脚蟹)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タカアシガニ(高脚蟹)の関連キーワードケガニズワイガニ岩蟹ずわい蟹高足蟹水引蟹蟹は食ってもがに食うな角蟹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone