タカアシガニ(高脚蟹)(読み)タカアシガニ(英語表記)Macrocheira kaempferi

世界大百科事典 第2版の解説

タカアシガニ【タカアシガニ(高脚蟹) Macrocheira kaempferi】

甲殻綱クモガニ科に属する世界最大のカニで,1属1種(イラスト)。甲長35cm,甲幅30cmほどのヨウナシ型。十分に成長したでははさみ脚が歩脚よりもはるかに長くなり,左右に広げると3m以上になる。甲面は大小のとがったいぼ状突起で覆われ,さらに蔓脚(まんきやく)のヒメエボシが多数付着している。額のとげは甲長の1/8ほどで,外側に強く曲がっている。幼個体では甲面に短毛が密にはえ,額のとげはあまり開かず,甲長の1/2に近い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のタカアシガニ(高脚蟹)の言及

【カニ(蟹)】より

…一般的に雄のはさみ脚が大きく,そのうえ,左右の大きさを異にすることも多いが,シオマネキ類の雄のように極端に大きさが異なるのは例外的である。テナガコブシガニ,タカアシガニエンコウガニなどでは,雄の二次性徴としてはさみ脚が異常に巨大化するが,これは雄としての単なる象徴ではなく,交尾の際に雌を抱きかかえるのに有効である。4対の歩脚は一般に単純な棒状であるが,最後の1~2対が泳ぐためや砂に潜るため,あるいは他の目的のために変形していることも少なくない。…

※「タカアシガニ(高脚蟹)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android