コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカベ Labracoglossa argentiventris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タカベ
Labracoglossa argentiventris

スズキ目イスズミ科の海水魚全長 20cm内外。体は紡錘形で側扁し,頭部はやや丸い。やや大型の鱗をもつ。尾鰭は深く二叉している。体の背方は青緑色,腹方は淡灰色で,背面に帯緑黄色の幅広い縦帯がある。沿岸岩礁にすむ。食用として美味。南日本の太平洋岸に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

タカベ

タカベ科の魚。地方名シャカ,ホタなど。全長25cmに達する。背面は青緑で,幅広い黄色縦帯が走る。本州中部以南の太平洋側に分布。岩礁の多い所に大群をなしてすむ。伊豆七島伊豆半島では重要な食用魚で,焼魚にして美味。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

タカベ

 [Labracoglossa argentiventris].スズキ目タカベ科の海産魚.全長25cmほどになる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タカベ
たかべ /
yellowstriped butterfish
[学]Labracoglossa argentiventris

硬骨魚綱スズキ目タカベ科に属する海水魚。茨城県から九州南岸までの太平洋沿岸域、若狭(わかさ)湾から九州北岸までの日本海沿岸域、八丈(はちじょう)島、小笠原(おがさわら)諸島、朝鮮半島、済州(さいしゅう)島(韓国)に分布する。体は長楕円(ちょうだえん)形で、側扁(そくへん)する。体高は低い。口は小さく、上顎(じょうがく)の後端は目の前縁下まで伸びる。吻(ふん)は丸い。背びれ棘(きょく)部と軟条部の間に深い欠刻(切れ込み)がある。背びれ軟条数が26~29本、臀(しり)びれ軟条数は22~23本と多い。尾びれの基部付近は鱗(うろこ)で密に覆われる。尾びれは深く二叉(にさ)する。体は背側面が青緑色で、腹側面が銀白色。やや幅広い黄色縦帯が、目の後方から尾びれ基部まで走る。腹面に細かな数本の暗色縦線がある。背びれ、臀びれおよび尾びれは黄色。最大全長は約25センチメートル。沿岸岩礁地帯の中層水域に群生する。プランクトン食性の魚である。産卵期は8~10月。孵化(ふか)したたくさんの仔魚(しぎょ)が表層域に出現する。おもに定置網、釣りなどで漁獲される。伊豆七島、伊豆半島では春から夏にかけて漁獲量が多い。肉は脂けが強く、焼くとやや臭みがあるが、慣れると好まれる。刺身、煮魚、干物などにもする。1科1属1種の魚で、南日本とその周辺に限られて分布する、日本固有種である。タカベ科をイスズミ科Kyphosidaeの亜科とする研究者もいる。[赤崎正人・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タカベの関連キーワードタカベ(鰖)御蔵島(村)沖縄文学イボダイオモロたかべ御蔵島

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タカベの関連情報