コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカベ タカベLabracoglossa argentiventris

4件 の用語解説(タカベの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タカベ
タカベ
Labracoglossa argentiventris

スズキ目イスズミ科の海水魚。全長 20cm内外。体は紡錘形で側扁し,頭部はやや丸い。やや大型の鱗をもつ。尾鰭は深く二叉している。体の背方は青緑色,腹方は淡灰色で,背面に帯緑黄色の幅広い縦帯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

タカベ

タカベ科の魚。地方名シャカ,ホタなど。全長25cmに達する。背面は青緑で,幅広い黄色縦帯が走る。本州中部以南の太平洋側に分布。岩礁の多い所に大群をなしてすむ。伊豆七島伊豆半島では重要な食用魚で,焼魚にして美味。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

タカベ

 [Labracoglossa argentiventris].スズキタカベ科の海産魚.全長25cmほどになる.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タカベ
たかべ
[学]Labracoglossa argentiventris

硬骨魚綱スズキ目タカベ科に属する海水魚。本州中部以南の太平洋岸に分布する。体は長楕円(ちょうだえん)形で、体側も扁平(へんぺい)で、丸みを帯びる。全長約20センチメートル。体は背部が青緑の地に、やや幅広い黄色縦帯が、目の後方から尾びれ基部まで走っている。沿岸岩礁地帯の中層水域に群生する。プランクトン食性の魚である。伊豆七島、伊豆半島では相当量が漁獲されている。肉は脂けが強く、焼くとやや臭みがあるが、慣れると好まれる。1科1属1種の魚である。[赤崎正人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タカベの関連情報