タゴール(Rabindranath Tagore)(読み)たごーる(英語表記)Rabindranath Tagore

  • 1861―1941

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インドの詩人、思想家、教育者。5月7日、カルカッタ(現、コルカタ)生まれ。家はベンガル地方の名家で、宗教思想家として名高い父デーベーンドラナートDebendranath Tagore(1817―1905)のもとに育ち、伝統的なインド固有の宗教、文学に親しむとともに、イギリス文学も学び、進歩的な父の思想的影響を受けた。1877年渡英し約1年滞在して帰国したが、詩人の心は憂悶(ゆうもん)に低迷した。しかし1880年、忽然(こつぜん)として世界の美と神秘が彼の心に開かれ、詩集『朝の歌』(1883)によって彼の芸術の基礎が確立された。文壇における彼の地位は安定し、叙情詩のほか小説や戯曲を多数発表するとともに、文学、宗教、教育、社会問題に関する論文も書いた。1901年、父が冥想(めいそう)の地としていたシャーンティ・ニケータンに学校を開いて子弟のため特殊な教育を行った。これが現在のビシュババーラティー大学の前身である。

 その後、彼は長編小説『ゴーラ』(1907~1909)や愛国的な詩を発表。また、1910年詩集『ギーターンジャリ』を刊行、1912年これを英訳してイギリスで発表、非常な賞賛を博して、翌1913年、東洋で初めてのノーベル文学賞を受賞した。彼はつとに東西文化の融合、思想の交流に着目し、世界各国を歴訪、日本にも3回来訪している。また、文学的活動のほか、絵も描けば音楽の造詣(ぞうけい)も深く、芸術家であると同時に実践家でもあり、教育家、社会改革論者、また独立運動を支援する愛国者でもあった。著作は多く、300を超えるといわれ、その内容も多岐にわたっているが、本領は叙情詩にあったものと思われる。彼の作品は母国語のベンガリーで書かれ、自らそれを英訳しているので、外国人の理解者も多い。1941年8月7日カルカッタで没した。

[田中於莵弥]

『『タゴール著作集』全8巻(1959・アポロン社)』『『タゴール著作集』全12巻(1981~1993・第三文明社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android