タデ(蓼)(読み)タデ(英語表記)Persicaria; knotweed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「タデ(蓼)」の解説

タデ(蓼)
タデ
Persicaria; knotweed

タデ科の一年草で,穂状の花序をつけるものの総称。多数の種類がある。茎は直立または斜上し,分枝する。葉は互生し,節部に葉鞘と呼ばれる鞘状の托葉がある。サナエタデ (早苗蓼)ハルタデ (春蓼)などは春開花するが多くは夏から秋に咲く。枝先に穂状花序を出した小花を密につける。普通,萼片が白色または淡紅色となり,花弁を欠く。果実は痩果で堅く,宿存萼に包まれる。ヤナギタデ P. hydropiperは単にタデまたはホンタデなどと呼ばれ,水辺に生え特有な辛みがあり,刺身のつまなどに用いられる。イヌタデ (犬蓼)路傍に最も多くみられ,通常アカノマンマの名で親しまれている。若葉はゆでて食べられる。サクラタデ (桜蓼)は水辺に生え花は最も美しい。オオケタデ Amblygonon orientaleは中国原産で花が大きく美しいので栽培されたが,いまは各地で野生化している。なお,ミチヤナギ属 Polygonumやイブキトラノオ属 Bistortaを含めて広義のタデ属 Polygonum sens. lat.とすることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「タデ(蓼)」の解説

タデ(蓼)【タデ】

ヤナギタデ,マタデ,ホンタデとも。日本全土,北半球の温〜暖帯に分布するタデ科の一年草。高さ40〜80cm,葉は互生し,披針形〜長卵形でヤナギの葉に似る。夏〜秋,細長い花穂を出し,まばらに赤みを帯びた小さな花をつける。全草に特有のかおりと辛みがある。アオタデ,ベニタデなどの栽培変種があり,アオタデは葉を細かく切るか,すりつぶしてであえ,タデ酢としてアユ料理に,また,炒(い)って汁の実などとし,ベニタデの芽は刺身つまとする。なお,広義にはタデ科タデ属の総称でもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「タデ(蓼)」の解説

タデ【タデ(蓼) Polygonum】

狭義にはヤナギタデをさし,広義にはタデ科タデ属Polygonum(英名smartweed,knotgrass,knotweed)のヤナギタデに類似した植物(イヌタデサクラタデオンタデなど)を総称する。 〈蓼食う虫好き好き〉の語源となった葉の辛いヤナギタデP.hydropiper L.(英名water pepper)(イラスト)はタデ科の一年草で,マタデ,ホンタデとも呼ばれ,葉の辛い真正のタデを意味する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のタデ(蓼)の言及

【イヌタデ】より

…【土屋 和三】。。…

※「タデ(蓼)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android