コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タヌキマメ

百科事典マイペディアの解説

タヌキマメ

マメ科の一年草。本州〜沖縄,東〜東南アジアの日当りのよい草地にはえる。高さ50cm内外,葉は広線形で柄がなく,長さ5〜10cm。夏,茎頂花穂を出し,青紫色の蝶(ちょう)形花を開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タヌキマメ
たぬきまめ / 狸豆
[学]Crotalaria

マメ科タヌキマメ(クロタラリア)属の総称。日本にはタヌキマメC. sessiliflora L.が分布するが、一般には観賞用のものを属名のクロタラリアの名で総称している。日本でよく栽培されるのはレトゥサ種C. retusa L.である。レトゥサ種は非耐寒性の一年草で、高さ約1メートル。6~8月、30センチメートルほどの花穂をつけ、径2~3センチメートルの黄色の蝶形花(ちょうけいか)を十数個開く。播種(はしゅ)は春にするが、種皮が硬いので一昼夜温水に浸(つ)けて播(ま)くとよく発芽する。日当りと排水のよい場所でよく育つ。タヌキマメ属にはほかに、繊維作物であるサンヘンプがある。[柳 宗民]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タヌキマメの関連キーワードオジロシジミコーヒーノキ熱帯植物マメ科

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android