コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルトゥ タルトゥTartu

5件 の用語解説(タルトゥの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タルトゥ
タルトゥ
Tartu

旧称デルプト Derpt,ドイツ語名ドルパト Dorpatエストニア東部の都市。5世紀から要塞集落があり,1030年ロシア人が城を建設。 1224年前後にドイツ騎士団の手に落ち,さらにロシアスウェーデンポーランド領を経て 1704年にロシアに併合された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

タルトゥ(Tartu)

エストニア中南部の都市。ドイツ語名ドルパット。首都タリンに次ぐ同国第2の都市。エマユギ川沿いに位置する。11世紀にキエフ大公ヤロスラフ1世が城を築き、13世紀にリボニア騎士団の支配下に置かれた。その後ハンザ同盟都市として発展。17世紀にスウェーデン王による同国最古の大学が設置され、現在でも学問・文化の中心として知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

タルトゥ

エストニアの南西部の都市。ドイツ語,スウェーデン語ではドルパートと呼ばれる。町は1030年のキエフ公ヤロスラフによる築城に起源をもち,13世紀から16世紀にかけてはハンザ同盟に加わって栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タルトゥ【Tartu】

バルト海沿岸のエストニア共和国南東部に位置する同共和国第2の都市。人口11万5300(1991)の古都で,旧称はドルパートDorpat。中央をエマ川が流れ,石橋がかかっている。市は大火と第2次世界大戦により破壊されたが,市庁舎,バネムイネ劇場,それにパウルセとペートリの教会がある。キーメマエの丘のふもとには由緒あるタルトゥ大学天文台が建ち,他に農業大学と物理,動物,植物の各研究所,および民族博物館と文学博物館がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タルトゥ
たるとぅ
Тарту Tartu

エストニア共和国第二の都市。人口10万1246(2000)。エマ川の河岸にあり、チュド(ペイプス)湖の西に位置する。19世紀後半以来、エストニアの経済中心地として発展した。木材、製靴、農業機械、食品などの工業が盛ん。キエフ大公ヤロスラフ1世が1030年に城を建設した古い町であるが、1224年チュートン騎士団が支配し、ついでハンザ同盟都市となった。1775年の大火や第二次世界大戦の被害を受けたが、1632年創立のタルトゥ大学、13世紀の大聖堂の遺跡、市庁舎など歴史的建造物も多い。[山本 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タルトゥの関連情報