コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイコンソウ(大根草) ダイコンソウGeum japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイコンソウ(大根草)
ダイコンソウ
Geum japonicum

バラ科の多年草北半球の温帯から寒帯にかけて,およびアンデス地方にも分布する属であるが,本種は日本各地の山地林間に普通にみられる。高さ 30~60cmとなり,根生する。葉は羽状複葉ダイコンの葉にやや似ている。初夏から夏に,茎頂に数個の径 1cmほどの黄花をつけ,5弁でおしべ,めしべは多数ある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダイコンソウ【ダイコンソウ(大根草) Geum japonicum Thunb.】

平地や山地の木かげなどに普通な,バラ科の多年草。高さ50cm内外になり,全体に毛が多い。根出葉は羽状複葉で,側小葉は小さいが,頂小葉は卵円形で大きく,普通は浅く3裂する。茎につく葉は,ほとんど羽状にならない。花は夏から秋にかけて咲き,花冠は平開して径1.5cmほど,花弁は5枚で円形,濃い黄色,おしべは多数。果実には毛があり,先端は熟しても残っている。北海道から九州まで見られ,日本ではこの属の植物のなかで,最もひろく,また普通に見られ,中国にも分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone