ダイコンソウ

百科事典マイペディアの解説

ダイコンソウ

北海道〜九州,中国の林中や草地にはえるバラ科の多年草。全体に短い軟毛がある。根出葉は長い柄のある複葉で,頂小葉は広卵形,その下方に小型で不同の側小葉を数対つける。夏,枝先に径15mm内外の黄色の5弁花をまばらにつける。名は根出葉がダイコンの葉を思わせることに由来。近縁のオオダイコンソウは大型で花柄には長毛があり,北海道,本州中北部の山地草原にはえる。ミヤマダイコンソウは高山草原にはえ,花は大きく,径2〜2.5cm,頂小葉は円形で大きい。観賞用に栽培される南米原産のチリダイコンソウは花が赤い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイコンソウ
だいこんそう / 大根草
[学]Geum japonicum Thunb.

バラ科の多年草。高さ50センチメートル前後、全体に粗い毛がまばらに生える。葉は羽状複葉、頂小葉は大きく、倒卵形から円形、下部の側小葉は非常に小さい。6~8月、茎の先に径約1.5センチメートルで黄色の5弁花を数個開く。花期後、花柱は伸長する。果実は痩果(そうか)で毛がある。日本全土、および朝鮮半島、中国大陸の山野に普通にみられる。名は、葉がダイコンの葉に似ることからいう。全草を漢方薬では利尿剤として使用する。花柱に腺毛(せんもう)のないオオダイコンソウG. aleppicum Jacq.は本州と北海道に生え、高さ1メートルに達する。また洋種のベニバナダイコンソウはジュームと称し、切り花や花壇用に栽培される。ダイコンソウ属は温帯および極地に約40種あり、花柱に関節があるのが特徴である。[鳴橋直弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android