コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイシー ダイシー Dicey, Albert Venn

4件 の用語解説(ダイシーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイシー
ダイシー
Dicey, Albert Venn

[生]1835.2.4. ルターワース近郊
[没]1922.4.7. オックスフォード
イギリス人オックスフォード大学法律学教授。弁護士。 1858年オックスフォード大学卒業。 82年より 1909年まで同大学教授として数々の研究成果を発表。その著書のうち,『憲法序説』 Introduction to the Study of the Law of the Constitution (1885) と,『法律と世論』 Lectures on the Relations between Law and Public Opinion in England during the Nineteenth Century (1905) は今日まで版を重ねている古典である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ダイシー

英国の法学者。1882年―1909年オックスフォード大学教授。英国憲法に関する基本的な著述である《憲法研究序説》のほか,名著といわれる《19世紀英国における法律と世論》がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ダイシー【Albert Venn Dicey】

1835‐1922
イギリスの法学者。弁護士の後,1882年母校オックスフォード大学の英法教授(‐1909),1910‐13年の間国際私法の講師。1884年に現在もイギリス最高の法学雑誌《ロー・クオータリーレビュー》の創刊に参画。主著《憲法研究序説》(1885)は,大陸諸国の憲法・行政法と比較し,議会主権法の支配の二大原理がイギリス公法の特徴であると説き,また憲法と憲法上の習律conventionの区別を明らかにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイシー
だいしー
Albert Venn Dicey
(1835―1922)

イギリスの法学者。1858年オックスフォード大学を卒業し、1863年弁護士資格を取得。1882年から1909年までオックスフォード大学イギリス法教授であった。その主著『英国憲法論』Introduction to the Study of the Law of the Constitution(1885)はイギリス憲法の伝統的理論に古典的形態を与えたもので、イギリス憲法研究の基礎的文献として日本でいまでも広く読まれている。彼はこのなかで、議会主権と法の支配がイギリスの二大公法原理であることを説き、さらに裁判所で適用される法規範としての憲法と政治の準則とされる憲法慣習を区別した。とくに法の支配の内容として、行政に対する特別な法の適用に強く反対したが、のち第8版(1915)において行政法に対する考え方に修正を加えた。法の支配の原理は、日本の憲法にも大きな影響を与えている。ほかに『19世紀イギリスにおける法と輿論(よろん)Lectures on the Relation between Law and Public Opinion in England during the Nineteenth Century(1905)も広く知られている著書である。[池田政章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のダイシーの言及

【代表】より

…それに対し,19世紀に男子普通選挙制が成立してくる段階となると,そこで語られる代表は,(2)の要素をも含むものとなってくる。イギリスで〈議会は法的主権者だが,政治的主権は選挙民の手に移った〉(A.V.ダイシー)といわれ,フランスで古典的な国民代表に対する〈半代表〉(A.エスマン)という概念が使われるようになった時期が,それにあたる。しかし,20世紀に入り,とりわけ第1次大戦後,社会的緊張が議会平面での政党間の激突となってあらわれるようになると,階級利害をはじめとする特殊利害の衝突によって,議会における代表は危機に陥る。…

【法の支配】より

…しかし,それを具体的な実定法上の原理として表現しようとすると,どうしても,特定の国の特定の時代に即しすぎたものになるという難点を伴うように思われる。 法の支配を実定法的観点から定義しようとしたものとして最も有名なのは,A.V.ダイシーの《憲法序説》(1885)である。ダイシーは,法の支配とは次の三つのことを意味するとした。…

※「ダイシー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダイシーの関連キーワードキーワードバターワースペーパーワークマスターワークフォーレターワードフリーワーカーウエットンワイルドウオーターワールドホワイトウオーターワールドイースターワインに到着ミルキーワールド

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダイシーの関連情報