ダイヤモンド・ヘッド(読み)だいやもんどへっど(英語表記)Diamond Head

翻訳|Diamond Head

日本大百科全書(ニッポニカ)「ダイヤモンド・ヘッド」の解説

ダイヤモンド・ヘッド
だいやもんどへっど
Diamond Head

ハワイオアフ島南東岸にある典型的な臼(きゅう)状火山(ホマーテHomate、ドイツ語)。標高228メートル。大きな火口をもつ円錐(えんすい)形の噴石丘で、底面積に比べて高度が低い。約15万年前に水蒸気爆発で形成された。観光地ホノルルのシンボルで、ワイキキ浜に隣接し、同浜やホノルルに出入りする船や飛行機からもよく望見されるが、アメリカ陸軍の要塞(ようさい)となっており、一般人は立入禁止。しかし、平日の日中は火口に立ち入ることができる。なお山名方解石の結晶を産することによる。

諏訪 


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android