コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイヤモンド・ヘッド ダイヤモンドヘッド

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイヤモンド・ヘッド
だいやもんどへっど
Diamond Head

ハワイのオアフ島南東岸にある典型的な臼(きゅう)状火山(ホマーテHomate、ドイツ語)。標高228メートル。大きな火口をもつ円錐(えんすい)形の噴石丘で、底面積に比べて高度が低い。約15万年前に水蒸気爆発で形成された。観光地ホノルルのシンボルで、ワイキキ浜に隣接し、同浜やホノルルに出入りする船や飛行機からもよく望見されるが、アメリカ陸軍の要塞(ようさい)となっており、一般人は立入禁止。しかし、平日の日中は火口に立ち入ることができる。なお山名は方解石の結晶を産することによる。[諏訪 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ダイヤモンド・ヘッドの関連キーワードダイヤモンドヘッドビーチパークノーキー エドワーズジョージ チャキリスカピオラニパークドン ウィルソンホノルルマラソンタンタラスの丘ワイキキ水族館カピオラニ公園ワイキキビーチオアフ[島]ワイアラエ臼状火山ハワイ噴石丘

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダイヤモンド・ヘッドの関連情報