ダリウス(1世)(読み)だりうす(英語表記)Darius Ⅰ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダリウス(1世)
だりうす
Darius
(前550?―前486)

アケメネス朝ペルシアの王(在位前522~前486)。ダレイオス1世Dareios ともよばれる。キロス2世が創設した帝国を、版図、行政機構などほとんどすべての面で完成させた。王家の出身であるが、父は属州の長官にすぎず、本人は先王カンビセス2世の親衛隊員であったといわれる。先王の急逝後、反乱を鎮圧して即位した。この反乱者のほうが正当な後継者であったともいわれる。即位後、各地に反乱が続発し、鎮圧に2年間、19回の戦役を要した。先王の時代の領土を回復したのちも各地に遠征し、インダス川からリビア、マケドニアに及ぶ大帝国を完成させた。さらにギリシア本土の征服を図り、紀元前492年および前490年(マラトンの戦い)遠征(ペルシア戦争第1回遠征)を試みたが失敗した。
 ダリウスは領土を20余の属州に分割して、従来よりあったサトラップ制を全土に採用した。行政長官にペルシア人王侯貴族を任じ、中央から駐在軍司令と「王の耳」などとよばれた監視官を派遣し反乱を防ごうとしたが、属州の諸民族には、産物・産業に応じて賦課された租税を納めペルシアの宗主権を認める限り、宗教、文化、制度上の自由を認め、ハムラビ法典に範をとった法に基づいて公平に統治しようとした。徴税のために、全土に均一の度量衡を定め、金銀複本位制に基づく貨幣制度を採用して金貨を鋳造し、貨幣の使用を普及させた。広大な領土の連絡を保つために道路網を整備し、駅伝制を定めた。新種の植物栽培を奨励し、農業経済の向上を図ったといわれる。パサルガダエから移した新首都ペルセポリス、スーサの宮殿、ナイル川と紅海を結ぶ運河などの土木工事を行った。アッカド語、エラム語および従来のものを改良した楔(くさび)形文字による古代ペルシア語の碑文を多数残した。前486年11月に死去し、ナクシュ・イ・ロスタムの岩壁に生前自ら建設し、以来同朝の諸王が倣うことになった亜字形墓に葬られた。[奥西峻介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android