コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェーン Chain, Ernst Boris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェーン
Chain, Ernst Boris

[生]1906.6.19. ベルリン
[没]1979.8.12. アイルランド
ドイツ系のイギリスの生化学者。 1930年フリードリヒ=ウィルヘルム大学卒業後,ベルリン慈善病院の病理学研究所に入る。 33年イギリスに亡命,ケンブリッジの F.ホプキンスのもとで生化学を修め,35年 H.フローリーに招かれてオックスフォード大学病理学講師となる。 49年ロイヤル・ソサエティ会員。 61~73年ロンドン大学生化学教授。 A.フレミングが 28年に発見したペニシリンをフローリーとともに分離,精製して,最初の臨床実験を行なった。その功績により 45年フレミング,フローリーとともにノーベル生理学・医学賞を受賞した。

チェーン
chain

鎖。多数の同じ形状の金属環 (リングプレート) をピンでつなぎ合せたもの。強靭な鋼でつくられている。ローラチェーンサイレントチェーンとがある。スプロケットと噛み合せながら,チェーン全体を連続的に回転させて動力の伝導,物体の運搬や引張りあるいは吊上げなどの用途に使う。ローラチェーンはピッチが伸びると騒音や振動を生じる。この欠点をなくしたのがサイレントチェーンで,鋼板を特殊な形に打抜き製作したリングプレートを多数重ねピンで連結している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

チェーン(chain)

鎖。一般に、環状の金属が連なったものをさす。実用から装飾用まで用途に応じて材質、太さは種々ある。「ドアチェーン」「金(きん)のチェーン
自転車やオートバイで、ペダルやエンジンの推力を車輪に伝えるための鎖。
積雪時の車の走行の際に、滑らないようにタイヤに装着する鎖。タイヤチェーン。
同一資本による経営系統。小売店・ホテル・劇場などがある。
ヤードポンド法の長さの単位。1チェーンは22ヤードで、約20.1168メートル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

チェーン

英国の病理学者。ドイツに生まれベルリン大学およびケンブリッジ大学に学び,オックスフォード大学講師。H.W.フローリーの協力者としてペニシリンの臨床的応用に成功。
→関連項目フローリー

チェーン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

チェーン【chain】

くさり
積雪時、スリップを防ぐ目的で自動車のタイヤに巻きつける金属の鎖。
自転車やオートバイなどで、動力を駆動輪に伝えるための鎖の輪。
同一資本のもとにある、ホテル・小売店・映画館などの系列。
ヤード-ポンド法の長さの単位。22ヤード(約20.12メートル)をいう。

チェーン【Ernst Boris Chain】

1906~1979) ドイツ生まれのイギリスの生化学者。フローリーとともにペニシリンの結晶化に成功。それを利用した治療法を確立。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェーン
ちぇーん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

チェーン

生年月日:1777年2月3日
スコットランドの医者
1836年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のチェーンの言及

【鎖】より

…チェーンともいう。金属製の環やリンクプレートを継いでつくられた索条。…

※「チェーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

チェーンの関連キーワードフェデレイテッド・デパートメント・ストアーズ[会社]ナショナル・チェーン・ストアコールドチェーンシステム82 ALE HOUSEボランタリー・チェーンレギュラー・チェーン食彩厨房 いちげんチェーン・ストア明神そば きやりチェーン・ストア焼肉屋マルキ市場バンチアン遺跡ステーキのどん蘭館珈琲ハウスすし築地日本海すし処 おとわ酒亭じゅらくチェーン伝動チェーン記法サンシャイン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チェーンの関連情報