コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チシャノキ チシャノキ Ehretia ovalifolia

4件 の用語解説(チシャノキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チシャノキ
チシャノキ
Ehretia ovalifolia

ムラサキ科の落葉高木で,アジア東部の暖温帯に生じる。西日本から南西諸島の特に海岸に多くみられる。高さ数mで太い枝をもち,長さ 10cm前後の長楕円形の葉を互生し質は厚い。初夏に,大きな円錐花序を出し,径 5mmほどの小花を密につける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チシャノキ

カキノキダマシとも。ムラサキ科の落葉高木。本州西部〜沖縄,東アジアに分布し,庭にも植えられる。葉は倒卵形で長さ5〜12cm,カキに似ているが,細鋸歯(きょし)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チシャノキ【Ehretia ovalifolia Hassk.】

暖帯および亜熱帯の二次林に生えるムラサキ科の落葉高木。しばしば人家に植えられ,チシャキ(樗木),あるいは葉がカキに似ることからカキノハダマシなどと呼ばれている。中国地方,四国,九州,沖縄に分布し,台湾,中国大陸にもみられる。 6~7月ころ,枝先の円錐花序に多数の白い花を密生する。花冠は深く5裂し,裂片は平開して径約5mm。おしべは5本。果実は液果で黄熟し,径4~5mm。葉は倒卵形で長さ5~12cm,幅3~7cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チシャノキ
ちしゃのき
[学]Ehretia ovalifolia Hassk.

ムラサキ科の落葉高木。樹皮は小鱗片(りんぺん)になってはがれ、樹形および葉がカキノキに似るので、カキノキダマシともいう。葉は互生し、倒卵状長楕円(ちょうだえん)形で長さ10~17センチメートル、先は短くとがり、基部はくさび形、縁(へり)に浅く切れ込む鋸歯(きょし)がある。質はやや厚く、長さ1.5~3センチメートルの葉柄がある。6~7月、枝先に円錐(えんすい)花序をつくり、白色の小花を多数密に開く。花冠は深く5裂し、径約5ミリメートル。雄しべは5本。果実は球形で径4~5ミリメートル、8~9月、橙黄(とうこう)色に熟す。低地に生え、中国地方西部、四国、九州、沖縄、および中国中南部に分布する。
 材は黄白色で、建築、家具、器具材とし、樹皮および材から染料をつくる。また庭木にもする。エゴノキ科のエゴノキもチシャノキといわれ、歌舞伎(かぶき)『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』に出てくるチシャノキはエゴノキのことである。チシャノキ属は世界の熱帯を中心に約50種ある。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チシャノキの関連キーワードキッコウグサ(亀甲草)旧熱帯区キリンサイ(麒麟菜)ムラサキ(紫)蔓紫紫湿地藪紫一次林アヤムラサキむらさき

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone