チタン鉄鉱(読み)チタンてっこう(英語表記)ilmenite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チタン鉄鉱
チタンてっこう
ilmenite

イルメナイトともいう。チタンを含む鉄鉱物。 FeTiO3 。三方晶系。比重 4.70~4.78,硬度5~6。亜金属光沢の黒色であるが,反射顕微鏡下では褐灰色を呈し,弱い多色性と異方性が認められる。ゲーキライトおよびパイロファナイトとの間に連続固溶体を,赤鉄鉱との間に部分固溶体を形成する。火成岩の副成分鉱物として広く分布するが,塩基性岩の特に斜長岩に濃集して鉱床をつくることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

チタン鉄鉱【チタンてっこう】

チタンの主要な鉱石鉱物。組成はFeTiO3。亜金属光沢,鉄黒色で不透明。六方晶系。厚板状で鋭い菱(りょう)面体を示し,ときに葉片状,粒状で産する。硬度5〜6,比重4.72。弱い磁性をもつ。塩基性火成岩の副成分として存在,磁鉄鉱とともに鉱床を作る。砂鉄中にも含まれる。磁鉄鉱,赤鉄鉱中にチタン鉄鉱を含む場合には含チタン鉄鉱と呼ぶ。
→関連項目チタン(元素)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チタンてっこう【チタン鉄鉱 ilmenite】

チタンの最も重要な鉱石。化学組成FeTiO3。六方晶系。厚板状ないし薄片状。鉄黒色,金属ないし亜金属光沢。モース硬度5~6。比重4.72。条痕は黒色。チタン鉄鉱は種々の火成岩や変成岩中に少量含まれ,塩基性深成岩中に比較的多量に含まれている。チタン鉱床はそのほとんどがジルコン,モナザイトスズ石を伴うチタン鉄鉱あるいはルチルの砂鉱床で,アメリカ,インド,マレーシアなどに知られている。また,斜長岩に伴うチタン鉄鉱‐磁鉄鉱鉱床はカナダ,アメリカなどに分布している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

チタンてっこう【チタン鉄鉱】

チタンと鉄の酸化物鉱物。六方晶系。黒色で金属光沢をもつ。イルメナイト。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チタン鉄鉱
ちたんてっこう
ilmenite

チタンの鉱石鉱物の一つ。鉱石として利用できるものは、正マグマ性鉱床漂砂鉱床砂鉄)中に産し、磁鉄鉱と密接に共存する。ほかに塩基性岩~花崗(かこう)岩質ペグマタイト、中~高温熱水鉱床中に産するほか、各種火成岩、変成岩中に少量成分として産する。月面に産する高Ti玄武岩のTiO2量の大部分はチタン鉄鉱による。自形は六角板状。日本では、大阪府茨木市銭原(ぜにはら)で径10センチメートルを超えるものを産した。花崗岩質ペグマタイト中のものはマンガンを含み、キンバレー岩や月面岩石中のものはマグネシウムを含むものが多い。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android