コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャイコフスキー ちゃいこふすきーПётр Ильич ЧайковскийPyotr Il'ich Chaykovskiy

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)
ちゃいこふすきー
Пётр Ильич Чайковский Pyotr Il'ich Chaykovskiy
(1840―1893)

19世紀ロシアの代表的作曲家。民族主義的な傾向の強いロシア国民楽派のなかにあって、西欧の伝統に根ざした手法を用い、民族的素材をより洗練された形で活用して多くの名作を生み出した。なかでも交響曲、協奏曲は今日の演奏会のスタンダード・ナンバーとして多くの聴衆を獲得し、バレエ音楽も古典としての確固たる位置を占めている。[横原千史]

生涯と作品

1840年5月7日(ロシア暦4月25日)ウラル山脈の西麓(せいろく)、カマ川流域のボトキンスクに生まれる。父イリヤ・ペトロビチは下級貴族・鉱山技師で、この地方の監督官を務めていた。母アレクサンドラ・アンドレエブナ(旧姓アシエ)は二度目の妻で、フランス系。家庭には兄と姉、妹と3人の弟があり、歌、ピアノ、室内楽が楽しまれた。4歳からフランス語、ドイツ語を習い、マスターした。フランス人の家庭教師ファニー・デュルバクは、彼の感受性が鋭く神経質な性格を「ガラスのような子」と表現している。5歳からピアノを始め、たちまち田舎(いなか)教師の腕を追い越す。一時ペテルブルグで都会生活を味わうが、父の仕事の関係ですぐウラル地方へ戻る。幼児期を、いわゆる民謡の宝庫のなかで育ったことは見逃せない。50年ペテルブルグの法律学校予科に入学、この前後にグリンカとモーツァルトのオペラを見て感動し、とりわけ『ドン・ジョバンニ』は生涯忘れられない印象を残した。52年には家族もペテルブルグに移住するが、54年6月、最愛の母を失う。その落胆から彼を救ったのは音楽であり、翌年にはドイツからきていた新進のピアノ奏者・作曲家のR・キュンディンガー(1832―1913)についてピアノと音楽理論を学び始めた。
 1859年法律学校を卒業、法務省の課長補佐として役人生活に入るが、階級差、汚職、社会矛盾のなかで公明正大に仕事を続けることは困難であり、しだいに興味を失ってゆく。61年アントン・ルビンシュテインを中心とするロシア音楽協会が開設した音楽教室に入学。翌年ペテルブルグ音楽院となるこの教室で才能を認められ、本格的に音楽の勉強に打ち込み、63年には法務省を辞職する。音楽院の課題の序曲『雷雨』(1864)は、そのロマン主義的革新性から保守的教師たちの反感を買う。しかし、のちに評論家で終生の親友となるG・A・ラロシュ(1845―1904)からは高い評価を受けた。
 1866年音楽院を一等で卒業し、アントンの弟ニコライ・ルビンシュテインの開いたモスクワ音楽教室(同年9月音楽院となる)の教師として赴任した。モスクワでは理論家カシュキン、劇作家オストロフスキー、出版商ユルゲンソンらの知遇を得る。初めて大作に取り組み、交響曲第一番「冬の日の幻想」(1866、改訂1874)、オストロフスキーの戯曲によるオペラ『地方長官』(1868)を完成させる。68年からは評論活動も始め、それを契機にペテルブルグのバラキレフをはじめとする五人組との交友も始まる。同年、イタリア・オペラ団巡業のプリマドンナ、デジレ・アルトーと恋愛し、婚約までするが、結婚には至らなかった。この間に、幻想的序曲『ロミオとジュリエット』(1869、改訂1870.1880)、オペラ『ウンディーネ』(1869)、『ただあこがれを知る人だけが』を含む6つの歌曲(作品6、1869)、第二楽章に有名な「アンダンテ・カンタービレ」を含む弦楽四重奏曲第一番(1871)、オペラ『親衛兵(オプリーチニク)』(1872)、交響曲第二番(1872、改訂1879)、劇音楽『雪娘』(1873)、幻想序曲『テンペスト』(1873)、オペラ『鍛冶(かじ)屋ワクーラ』(1874)といった国民主義的な初期の名作が生み出された。
 1870年代後半には次々と傑作が生まれ、創作の最初の頂点を迎える。ピアノ協奏曲第一番(1875)、交響曲第三番(1875)、バレエ『白鳥の湖』(1876)、ピアノ曲集『四季』(1876)、『ロココ風主題による変奏曲』(1875、チェロとオーケストラによる)、バイオリン協奏曲(1878)が有名であるが、とりわけ、交響曲第四番(1877)とオペラ『エウゲーニイ・オネーギン』(1878)は形式・内容ともに充実していて生涯の傑作といえよう。この時期は転換期でもあり、76年からは富裕な未亡人ナジェージダ・フォン・メック(1831―94)との文通のみの交際が始まり、彼女から多額の年金を受けるようになる(90年末まで)。翌年夏、かつての教え子で、激しい愛の告白を受けたアントニーナ・ミリューコワ(1849―1917)との結婚は失敗に終わり、ノイローゼ、自殺未遂にまで至った。女性を理想化し、精神的にしか愛せないためである。その理想的女性像は亡き母のおもかげに由来し、彼のオペラやバレエのヒロインのなかに昇華されて現れる。女性を愛したいのだが愛せない葛藤(かっとう)は、彼をしばしば同性愛的な性向に導き、第四番から第六番の三大交響曲にみられる人生の「宿命」の主題にもなる。
 経済的安定とともに1878年に音楽院の教壇も退き、作曲に専念できるようになるが、創作力はしだいに陰りをみせてくる。それでも苦心しながら誠実に作曲を続け、オペラ『オルレアンの少女』(1879)、『イタリア奇想曲』(1880)、弦楽セレナード(1880)、序曲『1812年』(1880)、ピアノ三重奏曲「偉大な芸術家の思い出」(1882)、無伴奏合唱曲『晩課』(1882)、オペラ『マゼッパ』(1883)を世に送り出した。
 1885年、西欧とロシアの避暑地を放浪する生活をやめ、クリン(モスクワの北西)近くのマイダノボに初めて自分の家をもった(92年にはクリンに移り住む)。ここで苦労のすえ完成した交響曲「マンフレッド」(1885)を契機にしだいに創作力を取り戻し、二つのオペラ『チェレビチキ』(1885)と『魔女』(1887)を経て、交響曲第五番(1888)から創作の最後の頂点を迎える。87年、自作『チェレビチキ』の初演で偶然指揮棒を手にすることになり、指揮者としての才能も明らかになる。そして翌シーズンから、ヨーロッパ各地のオーケストラで自作を指揮して大好評を博し、ブラームス、グリーグ、マーラーらと会う。さらに91年にはアメリカに招かれ、カーネギー・ホールの(こけらおと)しに出演して大成功を収め、翌年にはパリ芸術アカデミー会員に選ばれ、93年にはケンブリッジ大学から音楽名誉博士号を贈られる。この世俗的名声の頂点のなかで、フォン・メック未亡人からの絶縁状、愛する妹アレクサンドラの死が、彼の内面に暗い影を落とす。しかし創作面では、バレエ『眠れる森の美女』(1889)、オペラ『スペードの女王』(1890)、劇音楽『ハムレット』(1891)、オペラ『イオランタ』(1891)、バレエ『くるみ割り人形』(1892)、交響曲第六番「悲愴(ひそう)」(1893)と、いずれも円熟した手法による傑作を次々に生み出している。
 このような絶好調も、突然の死で打ち切られる。死因は、一般にコレラによるとされてきたが、謎(なぞ)に包まれていた。しかし、近年、新事実の公表とともに自殺説が有力になりつつある。その一つによると、晩年ある公爵の甥(おい)との同性愛が発覚し、裁判沙汰(ざた)になるところを立法府の高官が止め、秘密弾劾裁判が行われ、名誉を守るために自殺するべく判決が下された、というのである。さらに資料の検討が必要ではあるが、十分説得力のある説といえよう。こうして1893年11月6日(ロシア暦10月25日)「悲愴」初演の9日後、ペテルブルグで没。53歳。[横原千史]

作風

チャイコフスキーの作品は、ラフマニノフ、ショスタコビチをはじめとして、マーラー、バルトーク、ストラビンスキーなどに影響を及ぼし、さらにその語法は20世紀の映画音楽、ポピュラー音楽の分野にも幅広く浸透している。作品の影響史は今後注目すべき研究課題の一つである。
 一般に彼の作品は、ロシアの大地に根ざした叙情的で豊かな旋律をちりばめ、それをもっとも効果的に生かす独自の形式と管弦楽法で巧みに構成されている。ロシアの祭典を思わせる荒々しく執拗(しつよう)なクライマックスさえも、その対照としての繊細な叙情性を際だたせるのに役だっている。交響的作品にみられるその種の執拗さが、彼を毛嫌いする聴衆を生み出していることも事実であるが、今後は作品研究の観点から、また、オペラや声楽曲を含めたチャイコフスキーの全体像の観点からの見直しが必要であろう。
 オペラや声楽曲などの楽種は多くの傑作を含んでいるにもかかわらず、言語上の制約からごく一部を除いて、ロシア以外では残念ながらほとんど演奏されていない。研究はクリンの国立チャイコフスキー記念館が名実ともに中心となり、各国、とりわけイギリスで盛んに行われている。今後、演奏、受容、研究の各分野でのチャイコフスキーの全体像の再評価、再検討が大いに期待される。[横原千史]
『ギー・エリスマン著、店村新次訳『チャイコフスキー』(1971・音楽之友社) ▽ジョン・ウォーラック著、森田稔訳『チャイコフスキー 交響曲・協奏曲』(1981・日本楽譜出版社) ▽寺西春雄著『チャイコフスキー』(1984・音楽之友社) ▽森田稔著『チャイコフスキイ』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チャイコフスキーの関連キーワードロメオとジュリエット悲愴交響曲自叙伝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャイコフスキーの関連情報