コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チヤン チヤン Chillán

3件 の用語解説(チヤンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チヤン
チヤン
Chillán

チリ中南部の都市。コンセプシオン東北東約 90km,海岸山脈アンデス山脈にはさまれたチリ中央低地帯にある。 1580年,現在のチヤンビエホ (チリ独立運動の指導者 B.オヒギンスの生地) に建設されたが,1833年の地震で破壊されたため,35年やや北の現在地に移り再建された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チヤン

南米,チリ中部の都市,チリの主要農業地域の中心。サンティアゴの南方約400kmにある。独立の英雄オヒギンスの生誕地。1939年の震災の際メキシコから寄贈された学校の図書室にシケイロスが壁画を描いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チヤン
ちやん
Chilln

南アメリカ、チリ中部の第8地域(ビオ・ビオBo-Bo)にあるニュブレ県の都市。首都サンティアゴの南方414キロメートルに位置する。人口16万2933(2002国勢調査速報値)。チリ中部農業地帯の中心都市の一つで、南北にパン・アメリカン・ハイウェーが通じる。小麦などの農産物や牧畜産品の集散地として発展し、1833年および1939年に地震で破壊されたが再建された。南東70キロメートルには同名の温泉があり、また南西20キロメートルには独特の土器で知られるキンチャマリがある。[細野昭雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チヤンの関連キーワードコンセプト・テストオーデンセコロネルコンセプシオンタルカワノコンセプションコンセプトコンセプターノートルダムドラソンプシオン大聖堂ル・コンセール・デ・ナシオン

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チヤンの関連情報