コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チヤン Chillán

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チヤン
Chillán

チリ中南部の都市。コンセプシオンの東北東約 90km,海岸山脈とアンデス山脈にはさまれたチリ中央低地帯にある。 1580年,現在のチヤンビエホ (チリ独立運動の指導者 B.オヒギンスの生地) に建設されたが,1833年の地震で破壊されたため,35年やや北の現在地に移り再建された。その後もしばしば地震に悩まされ,特に 1939年には死者1万人に上る大きな被害を受けた。現在周辺の農業地帯の商工業中心地で,ワイン用ブドウ,果実,穀物,野菜,家畜などを集散し,製靴,製粉,製材などの工場がある。パンアメリカン・ハイウェーとチリ縦貫鉄道が通り,太平洋岸のコンセプシオンへ通じる道路が分岐する。人口 14万 5972 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

チヤン(Chillán)

チリ中南部、ビオビオ州の都市。州都コンセプシオンの北東約90キロメートルに位置する。周辺では農業・牧畜業が盛ん。しばしば大地震に見舞われ、1939年には1万人以上の犠牲者が出た。チリ独立運動の指導者B=オイギンスの生地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

チヤン

南米,チリ中部の都市,チリの主要農業地域の中心。サンティアゴの南方約400kmにある。独立の英雄オヒギンスの生誕地。1939年の震災の際メキシコから寄贈された学校の図書室にシケイロスが壁画を描いている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チヤン
ちやん
Chilln

南アメリカ、チリ中部の第8地域(ビオ・ビオBo-Bo)にあるニュブレ県の都市。首都サンティアゴの南方414キロメートルに位置する。人口16万2933(2002国勢調査速報値)。チリ中部農業地帯の中心都市の一つで、南北にパン・アメリカン・ハイウェーが通じる。小麦などの農産物や牧畜産品の集散地として発展し、1833年および1939年に地震で破壊されたが再建された。南東70キロメートルには同名の温泉があり、また南西20キロメートルには独特の土器で知られるキンチャマリがある。[細野昭雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チヤンの関連キーワードウーコンシャン(武功山)山脈チウリンシャン(九嶺山)山脈シーコワンシャン(錫礦山)チュイチョウ(衢州)特別市タンチヤンコウ(丹江口)市ソイフェンホー(綏芬河)市フンチヤン(渾江)特別市シャーシー(沙市)特別市チンチョウ(荊州)地区シャンユー(上猶)ダムチーシー(鶏西)特別市チョーカン(浙贛)鉄道チャンシュー(樟樹)鎮ジンジャー(香辛料)ネンシー(嫩西)鉄道フーコウ(湖口)県チンポー(鏡泊)湖チャオチヤンミエントゥルファン語江南(中国)

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android