コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツチハンミョウ Meloidae; blister beetle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツチハンミョウ
Meloidae; blister beetle

鞘翅目ツチハンミョウ科の昆虫の総称。中型の甲虫で体は軟らかく,細長いものと短太のものとがある。頭部後端はくびれて頸状になる。前胸は側縁を欠き,後端部は上翅基部より幅が狭い。上翅は普通軟らかく皮革状で,正常な縫合線で左右が接するもの (マメハンミョウゲンセイ類) のほかに,上翅が短くて縫合線がなく,基部で左右重なり合って後方で大きく開くもの (ツチハンミョウ類) があり,狭義のツチハンミョウは後者をさす。幼虫過変態を行うのでよく知られる。第1齢幼虫は 跗節に3爪を有するため三爪幼虫と呼ばれ,きわめて活発に宿主を求めるが,バッタ類の卵塊に到達してこれを食べるものと,ハチ類に付着してその巣に到達し,たくわえられている食物やその幼虫を食べるものとがある。その後無脚の不活発な蛆形幼虫に変態をとげ,前蛹を経て蛹になる。成虫は体内に有毒物質カンタリジンを含み,口や肢の関節から分泌する黄色の液体にこれを含むので,人体の皮膚などにつくと水腫を生じさせる。かつてはこの成分がゲンセイまたはハンミョウの名で神経痛やリウマチなどの疼痛緩和剤として薬用にされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ツチハンミョウ

ツチハンミョウ科の中の一群の甲虫の総称。体,前翅ともに軟弱。前翅は腹背で重なり合い,短く,腹部が露出する。青藍〜紫藍色のものが多い。後翅は退化して飛べない。地上をはい回り草を食べる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツチハンミョウ
つちはんみょう / 地胆
blister beetle

昆虫綱甲虫目ツチハンミョウ科Meloidaeに属する昆虫の総称。とくにそのなかのツチハンミョウ属Meloeに含まれる一群をさすことが多い。この科は世界に3000種が産し、そのうち日本産は20種前後である。体長3~30ミリメートル、10~20ミリメートルぐらいの中形種が多い。色は黒色と黄色ないし赤褐色の2色のものが多いが、青色や緑色に光る種類もある。頭は大きく首が細くくびれ、前胸の側縁はなく、脚(あし)(ふせつ)は5節で後脚だけ4節、つめは根元から2片に裂けており1片は細い。上ばねは長くて両側がほぼ平行のことが多いが、ツチハンミョウ属では上ばねが左右に開いていて大きな腹部が露出しており、色は全体が黒藍(こくらん)色のことが多い。この属は地表に多く、春と秋にみられるが、ほかの類のものは草上や樹木の葉や花にみられる。産卵は地中にされ、幼虫は過変態をすることが知られ、活動的な三爪虫(さんそうちゅう)とよばれるものからウジムシ形などの時期を経て、擬蛹(ぎよう)から蛹(さなぎ)になる。ツチハンミョウ属やキイロゲンセイ属Zonitisなどの三爪虫は花上でハナバチに取りついて巣に運ばれ、卵や蜜(みつ)、花粉を食べて育つが、マメハンミョウ類Epicautaの三爪虫はバッタ類の卵塊を食べる。ヒラズゲンセイ属Cissitesの幼虫はクマバチに寄生する。
 この科の成虫は人体に水疱(すいほう)をつくるカンタリジンを含んでおり、ヨーロッパではおもにセイヨウミドリゲンセイSpanish fly/Lytta vesicatoriaやオビゲンセイ属Mylabris、日本ではマメハンミョウから抽出し、発泡剤として薬用に用いられる。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツチハンミョウの関連キーワードツチハンミョウ(土斑猫)佐々木鳶色芫青土佐扁頭芫青オオハナノミ褄黒黄芫青斑猫・斑蝥カンタリス褄黒黄地胆九州地胆衛生昆虫クマバチ黄色地胆円首地胆黄色芫青小地胆角長蜂青斑猫姫地胆豆斑猫土斑猫

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android