コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツマベニチョウ ツマベニチョウ Hebomoia glaucippe

5件 の用語解説(ツマベニチョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツマベニチョウ
ツマベニチョウ
Hebomoia glaucippe

鱗翅目シロチョウ科。前翅長 45~50mm。日本産シロチョウのなかの最大種で,同時に最も美しい種の一つ。雄では翅の地色は白色で,前翅端には黒色部で囲まれた橙赤色の三角斑がある。雌では翅は紫がかった灰白色で,前翅端は黒色部が多く,橙赤色部は少い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ツマベニチョウ

羽の先端が鮮やかオレンジ色のチョウ。日南海岸が生息分布の北限で、県のレッドデータブック絶滅危惧(きぐ)2類に分類される。魚の形に加工して疑似餌として使われる樹木「ギョボク」の葉を好む。

(2010-11-07 朝日新聞 朝刊 宮崎全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ツマベニチョウ

鱗翅(りんし)目シロチョウ科の1種。シロチョウ科の最大種で,開張100mm内外。雄は白色,前翅には黒で縁どられた赤色斑をもつ。雌は黒色部が多く,地色は灰色。鹿児島南端から沖縄,台湾,中国南部を経てインドフィリピンなどに分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ツマベニチョウ【Hebomoia glaucippe】

鱗翅目シロチョウ科の昆虫(イラスト)。東洋熱帯に広く分布する大型チョウで,シロチョウ科では世界最大。開張は9.5~10.5cm。南西諸島のほか,薩摩・大隅両半島の南端まで分布し,九州が分布の北限。雄は雌と少し斑紋が異なる。雌は雄より前翅の橙赤紋が小さく,暗褐色の鱗粉や斑点が前・後翅ともよく発達する。和名はこの赤紋に由来する。大隅半島ではサタチョウ(佐多蝶)と呼んでいる。 敏速に飛び,花によく集まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツマベニチョウ
つまべにちょう / 褄紅蝶
great orange tip
[学]Hebomoia glaucippe

昆虫綱鱗翅(りんし)目シロチョウ科に属するチョウ。日本では九州南端の大隅(おおすみ)半島、薩摩(さつま)半島の中・南部以南から南西諸島にわたって分布し、南西諸島ではとくに珍しいものではない。国外では西はスリランカ、インドから東はモルッカ諸島にかけて南アジアにその分布は広い。はねの開張90~100ミリメートル程度。日本産のシロチョウ科では最大の種で、前ばねの表の先半には橙赤(とうせき)色の斑紋(はんもん)があり美しい。春から秋にかけて数回の発生を繰り返すが、第一化の春のチョウは以後発生のものよりやや小形で、前ばねがとがる。飛び方は速く、また高く飛ぶので、花を訪れるもののほかは捕まえにくい。幼虫の食草はフウチョウソウ科のギョボク。アブラナ科植物でも飼育可能。蛹態(ようたい)または幼虫態で冬を越す。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツマベニチョウの関連キーワードウスバシロチョウ白蝶条黒白蝶深山白蝶姫白蝶シャクガ(尺蛾)シロチョウ(白蝶)チョウセンシロチョウ(朝鮮白蝶)ヒメシロチョウ(姫白蝶)モンシロチョウ(紋白蝶)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツマベニチョウの関連情報