コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツメクサ

百科事典マイペディアの解説

ツメクサ

タカノツメとも。ナデシコ科の一〜二年草。日本全土,東アジアに分布。平地の道端など人家近くにふつうにはえる。茎は束生し,高さ15cm内外,枝分れして線形の葉を対生

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツメクサ
つめくさ / 爪草
[学]Sagina japonica (Sw.) Ohwi

ナデシコ科の一年草または多年草。茎は斜め上に伸び、高さ5~15センチメートル。葉は線形、先はとがる。春から夏、葉腋(ようえき)に小さな白色花を単生する。花弁は多くは5枚で全縁、花柄や萼片(がくへん)に腺毛(せんもう)がある。人家の庭や道端にごく普通に生え、日本全土、および東アジアの温帯に分布する。名は、葉が鳥のつめに似るのでいう。ツメクサ属には十数種あり、日本には5種生育するが、いずれも小形でよく似ている。名が似ているがシロツメクサやアカツメクサはマメ科の植物で、本種とは関係ない。[三木栄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツメクサの関連キーワードオオツメクサ(大爪草)イワツメクサ(岩爪草)クローバー(マメ科)タカノツメ(鷹の爪)ホワイトクローバーツメクサ(爪草)オランダ紫雲英根粒バクテリアアカクローバーシロクローバーアズマツメクサタカネツメクサコバノツメクサモンキチョウハマツメクサアカツメクサタカノツメシバザクラクローバー和蘭馬肥

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android