コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツメクサ

2件 の用語解説(ツメクサの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ツメクサ

タカノツメとも。ナデシコ科の一〜二年草。日本全土,東アジアに分布。平地の道端など人家近くにふつうにはえる。茎は束生し,高さ15cm内外,枝分れして線形の葉を対生。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツメクサ
つめくさ / 爪草
[学]Sagina japonica (Sw.) Ohwi

ナデシコ科の一年草または多年草。茎は斜め上に伸び、高さ5~15センチメートル。葉は線形、先はとがる。春から夏、葉腋(ようえき)に小さな白色花を単生する。花弁は多くは5枚で全縁、花柄や萼片(がくへん)に腺毛(せんもう)がある。人家の庭や道端にごく普通に生え、日本全土、および東アジアの温帯に分布する。名は、葉が鳥のつめに似るのでいう。ツメクサ属には十数種あり、日本には5種生育するが、いずれも小形でよく似ている。名が似ているがシロツメクサやアカツメクサはマメ科の植物で、本種とは関係ない。[三木栄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツメクサの関連キーワードフロックスビスカリアアメリカ撫子霞草高嶺撫子爪草麦撫子虫取撫子高嶺爪草藤撫子

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツメクサの関連情報