コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツメバケイ Opisthocomus hoazin; hoatzin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツメバケイ
Opisthocomus hoazin; hoatzin

ツメバケイ目ツメバケイ科。全長 65cm。1科 1属 1種。羽色は,背面が暗褐色クリーム色の斑があり,喉と胸は淡褐色,腹は栗色である。顔は水色の皮膚が裸出する。頭上に長い冠羽(→羽冠)があり,尾は長い。をもち,この爪と脚で木の枝をつたい歩く。爪は孵化後 2~3週間でなくなり,親鳥にはない。食べ物を蓄える器官の嗉嚢(そのう)が消化器官として発達し,体腔の 3分の1を占めるほど大きい。50種以上の樹木の葉を食べ,それを消化するためのバクテリアを嗉内に共生させ利用している。アマゾン川流域に分布している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツメバケイ
つめばけい / 爪羽鶏
hoatzin
[学]Opisthocomus hoazin

鳥綱キジ目ツメバケイ科の鳥。ホアチンともいう。この科Opisthocomidaeは1属1種である。全長約60センチメートル。全体に褐色系の羽色をしており、頭によく目だつ冠羽がある。顔の皮膚は裸出していて青い。嘴(くちばし)は短くてキジ類のそれに似ている。ギアナ、ブラジルからボリビア、コロンビアに至る南アメリカの中部から北部にかけて分布する。大きな河川沿いにある広大な湿地林にすみ、その環境内にあるオオカラジウムとアビセニアという2種の樹木の葉や花や実をおもに食べる。飛翔(ひしょう)力は弱く、10~20羽の群れで生活している。繁殖も小さな集団をつくって行うことが多い。巣は、樹上に小枝を集めてハトの巣に似た皿状のものをつくる。1腹卵数は2~4個。雛(ひな)の翼に、それぞれ二つのつめがついているのが名の由来で、巣立った雛は、そのつめを巧みに使って枝をすばやく伝い渡る。このつめは、孵化(ふか)後2、3週間で消失する。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツメバケイの関連キーワードツメバケイ(爪羽鶏)ホトトギス目オオセッカカラジウム爪羽鶏

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android