コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツワナ族 ツワナぞくTswana

翻訳|Tswana

2件 の用語解説(ツワナ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツワナ族
ツワナぞく
Tswana

ツワナ族 Botswana,ベチュアナ族 Bechuanaともいう。南アフリカ北部とボツワナに住むバンツー語系民族。人口約 250万と推定される。数度に分れて南進してきたソト諸族の一員である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツワナぞく【ツワナ族 Tswana】

アフリカ南部のボツワナ共和国,ナミビア南アフリカ共和国にまたがり居住するバントゥー系の部族。ナミビア,南ア共和国にはツワナ族のバントゥースタン(ホームランド。非白人居住地)が設けられているが,部族全体では約80万の人口に達する。ボツワナが〈ツワナ族の国〉を意味するように,この国ではツワナ族が住民の大部分を占めている。ツワナ語は言語的にはバントゥー系のソト語系に属し,ボツワナでは国語に定められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のツワナ族の言及

【ボツワナ】より

…【戸谷 洋】
[住民,社会]
 総人口の80%は国の東部に集中し,鉄道や道路沿いに町が形成されている。住民の構成のうち大部分がバントゥー系のツワナ族で,ほかにカラハリ砂漠に居住するサン(ブッシュマン)が5~6万人と推定されている。白人は数千人で,アジア人もわずかながら居住している。…

※「ツワナ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ツワナ族の関連キーワードボツワナ星翔太ボツワナボツワナの要覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone