コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティシュバイン[一族] ティシュバイン

百科事典マイペディアの解説

ティシュバイン[一族]【ティシュバイン】

ドイツ,ヘッセンの画家一族。ヨハン・アウグスト・フリードリヒJohann Angust Friedrich Tischbein〔1750-1812〕は,ヨーロッパ各地を遍歴後,ライプチヒアカデミーの校長に就任。英国風の表現様式を基礎に,シラーなどの文人や貴族の肖像を描いた。その従弟であるヨハン・ハインリヒ・ウィルヘルムJohann Heinrich Wilhelm Tischbein〔1751-1829〕は,新古典主義とネーデルラント風の写実主義の2要素を合わせもつ肖像画家で,イタリア旅行中のゲーテを描いた《カンパーニャのゲーテ》(1787年,フランクフルト,シュテーデル美術研究所蔵)で有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android