コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティシュバイン Tischbein

2件 の用語解説(ティシュバインの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ティシュバイン【Tischbein】

ドイツの画家一族で20人余の画家を出したが,代表者として次の2人をあげておく。(1)ヨハンフリードリヒアウグストJohann Friedrich August Tischbein(1750‐1812) カッセルの宮廷画家である叔父のヨハン・ハインリヒに学んだ後,パリ,ローマナポリで修業。1780年以後ドイツ諸侯の宮廷に仕え,1800年ライプチヒアカデミーの院長に就任(このため〈ライプチヒのティシュバイン〉と呼ばれる)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティシュバイン
てぃしゅばいん
Tischbein

18、19世紀に多くの画家を輩出したドイツの一族。とくにカッセルで宮廷画家、美術院長を務めたロココの画家ヨハン・ハインリヒJohann Heinrich T.(1722―89)、その甥(おい)でライプツィヒの美術院長を務めた古典派の肖像画家ヨハン・フリードリヒ・アウグストJohann Friedrich August T.(1750―1812)、その従弟(いとこ)で古典派の画家ヨハン・ハインリヒ・ウィルヘルムJohann Heinrich Wilhelm T.(1751―1829)が有名である。
 この最後のウィルヘルムはハイナに生まれ、伯父ハインリヒおよびハンブルクの伯父ヤーコプJakob T.(1725―91)に学び、1779年まで肖像画家として活躍。その後二度イタリアに遊学し、同地に滞在中のゲーテと親しく交友し、86年ローマで『カンパーニャのゲーテ』(フランクフルト市立美術館)を描いたことで有名。ドイツ帰国後はハンブルクに住み、古典主義に基づく画風を推進した。オイティンで没。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ティシュバインの関連キーワード趙希遠宝林国井応陽アルトドルファーションガウアーデューラーホルバイン坂崎乙郎土岐富景竜登

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone